ゴールデンレトリバーの魅力

年齢を重ねていく愛犬のために 飼い主ができる7つのこと

スポンサーリンク

我が家の愛犬ゴールデンレトリバーの年齢は23ヶ月。

それは愛犬が生まれてからの月日でもあります。

わんちゃんの実年齢は人間の実年齢とは異なります。

皆さんもよくご存じの通り、実はわんちゃんの方が早く歳をとっているんですよね(T . T)

年齢をあっという間に駆け抜ける愛犬に私たち飼い主ができることって?

年齢を重ねていく愛犬

飼い主のためのペットフード・ガイドライン ~犬・猫の健康を守るために~より

画像のように、犬は人間よりも早く歳をとっていきます。

年齢が若くても、自分よりおじさま、おばさまになっていることも多いのです。

年齢って犬にはあってないようなもの。

犬種、大きさ、育つ環境などでも違いがあると言われているので、実際の年齢がよくわからないですね。。。

でも、わんちゃんの老いは見た目や行動でわかるようになります。

口まわりなどに白髪が混じり、白っぽくなる
わんちゃんの色にもよりますが、色濃い犬種だと割と早い時期から白髪が出てくるかも知れませんね

お腹がたるんだり、お尻がたるむ
人間と同じように、犬も筋力が弱るのでしょうね。年齢が若いわんちゃんに比べると走り回る時間も少なくなります

目が白っぽくなる
これも人間と同じ、わんちゃんも白内障になります。先代犬は5歳前後から蛍光灯の下で見るとうっすらと白くなっていました。

歩くスピードが落ちる
年齢とともに、はしゃぎ回る回数は少なくなります。落ち着いていく(大人になる)ことからでしょう。

さらに年齢を重ねると、体力が落ちるのか散歩で歩くスピードもゆっくりになります。

他、寝ている時間が長い、耳が遠くなる、段差につまづくといった姿も見られるようになります。

老化の兆候が出てきたわんちゃんは、若いころに比べて体力や免疫力が落ち、病気にもなりやすくなっています。

年齢を重ねたわんちゃんは、がんや糖尿病、心臓病、腎臓障害、肝臓障害、白内障、歯周病、皮膚病、痴呆などといった病気に注意しておく必要がありまね。

年齢がなんだ!

老いがなんだ!

愛犬には、年齢関係なくいつまでも元気でいて欲しい。

それだけが、私たち飼い主の願いです。


犬生あっという間の愛犬にしてあげられること

年齢を重ねていく愛犬

飼い主に比べると、あっという間のスピードで犬生を全うするわんちゃんたち。

家族として、できる限りのことをしてあげたいと思うのは飼い主皆が考えていることでしょう。

愛犬が「幸せ」な犬生を全うできるために、私たち飼い主がしてあげられることってどんなこと?

しつけをしっかりと行う

躾をきちんろ入れてあげることで、どこでも一緒にいることができます。

どこでも一緒に出かけることができます。

たくさんの人や犬と触れ合うことで、楽しい時間を過ごすことができますよね

外出する際のコマンドとして「待て・ふせ」は絶対です!!

飼い主さんの根気にかかっています。

健康管理を行う

年齢を重ねたとしても、少しでも長く生きられるため、

また、いつまでも元気に飼い主さんと遊べるためには健康でいなくてはいけません。

しかし、犬に健康管理はできないでしょうから飼い主さんが責任持って行わなければいけませんよね。

予防接種などは必ず受けるようにしましょう

毎日の散歩

一日のライフスタイルの中で、わんちゃんが最も楽しみにしていることではないでしょうか?

飼い主さんと一緒に外を歩き、いろんな刺激を受けたり、遊んだりということがわんちゃんにとっては最高の楽しみ。高齢犬だから散歩に行かなくても良いということではありません。

元気で、愛犬が散歩に行きたがる以上はどんなに忙しくても、帰りが遅くなり暗くなったとしてもわんちゃんは飼い主さんを待っています。

散歩は欠かさずに!!

体のケア

歯磨き、ブラッシング、耳ケア、シャンプーなどなど、犬が自分でできないケアをしっかりと行うこと。

健康管理にもつながりますね!!

体のケアを行うだけで、年齢を重ねても若々しい状態を保つことができるのでは?

先代犬は亡くなるその日まで「毛並みが綺麗ね~、ツヤツヤしてる」とお褒めの言葉をいただいてました。

幸いにも口まわりの白髪も目立つほどなくて、きれいな姿のまま虹の橋を渡りました。

今でも私たち家族の自慢の愛犬です。

側にいる

犬は飼い主が一緒にいるだけで良いのだそう。。。なんとも泣ける話。

飼い主が側にいるだけで情緒が安定するというのは、まるでママと小さな子供の関係?!

愛犬の年齢に関係なく、できるだけ側にいてあげたいと思います。

犬が家族である以上、思うように外出できないこともありますが、

それも「家族」のため、、特に苦になることはありません。

お家にいるのが嫌いな方は、わんちゃんがお留守番ばかりになるのでかわいそうですね~。

顔を見る(目を見る)

犬は飼い主さんの行動をじ~~~っと見ています。(寝ている時以外)

まるで無視・・ではなく、ことあるごとにわんちゃんの目を見て話しかけてあげたいですね。

声をかけるだけで、とっても嬉しそうな表情を見せてくれます。

常に飼い主さんの気持ちが自分に向くのを待っているのでしょうね。

甘やかし、、、と言われようが、ことあるごとに顔を見て声かけをするようにしています。

▷笑ってあげる

笑うだけで幸せになれる? 〜 犬も飼い主も同じだよっていうお話!
子供やペットが家庭にいるだけで笑いが絶えず、賑やかな毎日になりますよね。 幸せな家族だんらんの時間が過ごせます。 我が家のゴールデンレト...

こちらの記事にも書きましたが、笑うことでみんなが幸せになれます。

犬は飼い主さんの怖い顔、悲しい顔よりも笑った楽しそうな表情を望んでいます。

声をかけるときも、遊ぶときも、散歩するときもできるだけ笑ってあげたいと心がけています。

笑うことはお互いにメリット多しです。

ぎゅっと抱きしめる

犬種、犬の性格に寄っては「ぎゅっ」と抱きしめられるのを嫌がる子もいるかも知れませんね。

先代犬がそうでした。

年齢を重ねると少しだけぎゅっとできるようになりましたが、(諦めたのか?)基本的には嫌だったようです。

が、、現在の愛犬であるゴールデンレトリバーはぎゅっとされても平気、抱っこも好みます。

自分の体力が続く限り抱っこもしてあげたいし、ぎゅっと抱きしめるのは毎日です!!

年齢を重ねていく愛犬

実家で飼っていたポメラニアン

先代犬のフラットコーテッドレトリバー

と一緒い暮らして学んだこと、気づいたことを現在の愛犬であるゴールデンレトリバーのために活かして生活しています。

犬のために何がいいなんてのは、飼い主の自己満足でしかありません。

でも、愛犬が年齢を重ねた時に後悔しないように時間を共有していきたいと考えています。

今を愛犬にとって一番ベストな状態にしてあげたいなーーと!!

わんちゃんたちは、飼い主のために自分の愛全てを注いでくれます。

そんなわんちゃんのために、私たち飼い主ができることを再確認して見ませんか?

愛犬も、自分も年齢を重ねた時に「幸せだった」と思えるように・・・。

ネットで偶然見つけた獣医師さんのコラムがとても印象的だったので

ぜひ、皆様にも読んでいただきたいです。

愛犬は残される飼主を案ずる

年齢を重ねていく愛犬のために飼い主ができる7つのこと
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

友達を探すことが嬉しくなる 犬を通しての付き合い

歯磨き嫌い 嫌がる愛犬のデンタルケアはどうしたら良い?

犬を飼える年齢は何歳まで? 飼い主として考えておきたい。

犬の散歩|犬を飼いたいけど散歩って必要なの?

ゴールデンレトリバー!!性格と可愛さのポイント!

すくすくと育っったゴールデンレトリバーを応援してください
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村