ゴールデンレトリバーの魅力

夏の人気果物トップ10 〜 犬は食べられる?食べられない?

スポンサーリンク

夏の果物、皆さんは何がお好きですか?

私は毎年ぶどう(巨峰に限る)、桃が楽しみです。

暑くて「何も食べたくないなぁ~」という時には冷たいフルーツが大活躍!!

愛犬と一緒に夏フルーツを楽しみたいですね。

それぞれの果物の栄養成分、効能、また愛犬も食べられるのかを知っておくと便利ですね。

夏の人気果物トップ10

夏は魅力的なフルーツがいっぱい!

フルーツゼリーにしたり、フルーツポンチにしたり

今はフルーツ杏仁なんてのもあって、個人的には大好きです。

皆さんは夏の果物を使ったスイーツ、お気に入りはどんなものですか?

夏に人気のあるフルーツ  トップ10を選んでみました!!

スイカ

夏の果物トップ10 犬

夏を代表する果物、スイカは水分補給というイメージがありますよね?

暑い時に冷えたスイカの美味しさといったらたまりません。

わんちゃんにもきっと同じでしょう!!

でも、体に良い成分がしっかりと含まれています。

水分90%で糖分の少ない果物ですが、食べ過ぎはやはり要注意です。

リコピン・・活性酸素を抑え、ガン予防や老化予防に効果があるといわれています。
カリウム・・疲労回復効果や不要な塩分の排出作用があります。
シトルリン・・利尿作用や、血管を拡げ血液の流れをスムーズにする効果があります。
シスペイン・・酸化防止効果があります。
イノシトール・・動脈硬化や肝臓に脂肪がつかないようにする効果があります。
マンノシターゼ・・糖質分解酵素があります。
など。


もも

夏の果物トップ10 犬

夏を代表する果物、桃の主成分は果糖です。

砂糖の1.5倍も甘味を感じるとされ、私たち人間にはこれが欲する元となりますね。

疲労回復には即効性のある有効な栄養源なのではないでしょうか?

果肉部分であれば、わんちゃんにも害はないようです。

しかし、糖分が高いフルーツなので食べ過ぎにはくれぐれも注意です。

また、水分が多く食物繊維も含まれるため、食べ過ぎると便が緩くなることもあります。

カリウム・・疲労回復効果や不要な塩分の排出作用があります。
リン・・カルシウムと結合し、骨や歯を形成するミネラルです。
ビタミンB1・・炭水化物(糖質)を体内でエネルギーへと変換する働きをします。
ビタミンEC・・抗酸化作用があります。
など。


メロン

夏の果物トップ10 犬

夏を代表する果物、メロンもももと同じく糖分です。

メロンも果肉はわんちゃんが食べても特に問題はないようですが、果糖は高カロリーです。

あくまでも少量に留めておいた方が良さそうですね。

また、食べ過ぎると下痢をすることがあるのでご注意ください。

カリウム・・疲労回復効果や不要な塩分の排出作用があります。
カロチン・・強い抗酸化作用を持っています。(不足していればビタミンAに変わります)
ビタミンC・・抗酸化作用があります。
マグネシウム・・酵素の働きをサポートするように働くため健康を維持するために必須の栄養素です
など。


夏の果物トップ10 犬

夏を代表する果物、ナシには様々な薬効があるといわれています。

高熱を出した時に「梨が食べたい!!」と思ったことがありませんか?(私が毎回です・・)

実はナシには解熱作用があるのです。熱や汗などで喉が乾く時には向いているフルーツだと言えます。

ナシにはビタミン類が少ないのですが、アスパラギン酸という疲労回復成分を含んでいます。

暑さで疲れた体にはベストな果物ですよ。

もちろん、わんちゃんも食べれますが糖分を確実に含むため、食べ過ぎには注意です。

また、「石細胞」と呼ばれるショリショリした食感を作っている細胞が含まれることで下痢をする場合もあります。

炭水化物・・体や脳を動かすためのエネルギー源です。
食物繊維・・腸内環境を整える効果があります。
カルシウム・・骨や歯の構成要素として、また体の生理機能を調整し心を安定させる働きがあります。
ビタミンC・・抗酸化作用があります。
カリウム・・疲労回復効果や不要な塩分の排出作用があります。


ぶどう(巨峰)

夏の果物トップ10 犬

夏を代表する果物、ぶどうの主成分であるブドウ糖は、体内に入ってすぐにエネルギー源となるため、

疲労回復や、病中病後の栄養補給に良いとされています。

しかし、これは飼い主さんだけ。

わんちゃんには、ぶどうは危険な食べ物の一つで犬がぶどうを食べると

急性腎不全を引き起こすと言われています。

残念ながらはっきりとした原因はわかっていません。

元気がなくなる

吐く

水をたくさん飲む

おしっこの量が増える(出なくなる)

おしっこの色がいつもと違う

むくみがでる

というのが急性腎不全の症状です。

私たち飼い主にとってはとても美味しいフルーツですが、わんちゃんには食べさせない方が良さそうです!

ブドウ糖・・脳の働きや筋肉運動を促すことができます。
酒石酸(しゅせきさん)・・酸性物質を分解してエネルギーに変える働きがあり、疲労回復に効果があるとされています。
クエン酸・・体を弱アルカリ酸に保ち免疫力を高めます。
ビタミンは、A,B1,B2,C
カリウム・・疲労回復効果や不要な塩分の排出作用があります。
リン・・カルシウムと結合し、骨や歯を形成するミネラルです。
カルシム・・骨や歯の構成要素として、また体の生理機能を調整し心を安定させる働きがあります。
鉄分・・鉄は必須ミネラルといわれ、約70%が血液中にある赤血球のヘモグロビンの構成成分となっています。
など。

ぶどうについては、こちらの記事もぜひ一緒にお読みください。

犬も大好き!!一緒に食べたい美味しい果物
猛暑、、しかも湿度がすごい!! 毎日がまるでサウナ状態 さすがの元気いっぱいゴールデンも辛そうです。


さくらんぼ

夏の果物トップ10 犬

夏を代表する果物、さくらんぼはカロチン・鉄分の含有量が果物の中で群を抜いていて、

疲労回復や食欲増進、血行促進、美肌、疲れ目などに効果があるとされています。

果肉(実)部分はワンちゃんが食べても大丈夫なフルーツですが・・・

サクランボの種は恐ろしく、青酸カリを発生させる有毒物質が含まれています。

皮ごとそのまま口に入れてしまうと、消化器官内で反応してできた青酸カリが、死に至らせる危険性があります。

わんちゃんにサクランボを与える際は、十分な配慮が必要です。

炭水化物・・体や脳を動かすためのエネルギー源です。
カルシウム・・骨や歯の構成要素として、また体の生理機能を調整し心を安定させる働きがあります。
リン・・カルシウムと結合し、骨や歯を形成するミネラルです。
カリウム・・疲労回復効果や不要な塩分の排出作用があります。
ビタミンA・・強い抗酸化作用を持っています。
鉄分・・鉄は必須ミネラルといわれ、約70%が血液中にある赤血球のヘモグロビンの構成成分となっています。
など。


パイナップル

夏の果物トップ10 犬

夏を代表する果物、パイナップルには疲労回復や夏バテ、老化防止などに効果があります。

ブロメリンには腸内の腐敗物を分解する作用もあるので、消化不良や腸内のガス発生などの症状にも良いですよ。

さらに、ブロメリンはタンパク質を分解する酵素でタンパク質の消化を助け、胃腸の健康に役立つ作用があるとされるため、わんちゃんにも良いのです。

基本的にわんちゃんも食べられますが、糖分が高く、食物繊維が豊富なためうまく消化できない子もいるようです。

葉酸・・水に溶ける水溶性ビタミンのひとつで、ビタミンB群の仲間で赤血球の形成を助ける栄養素です。
カロチン・・強い抗酸化作用を持っています。(不足していればビタミンAに変わります)
カリウム・・疲労回復効果や不要な塩分の排出作用があります。
ブロメリン・・タンパク質分解酵素(システインプロテアーゼ)です。
ビタミンB1B2Cなど。


びわ

夏の果物トップ10 犬

夏を代表する果物、びわの実はは風のせき、のどの渇きに良いとされています。

びわの葉には、せき止め、去痰、腸炎などにも薬効があるとされています。

β-カロテンを多く含んでいるびわは老化を防ぐ働きもあり、適量であればわんちゃんも大丈夫です。

カロチン・・強い抗酸化作用を持っています。(不足していればビタミンAに変わります)
ビタミンB・・ビタミンB群はエネルギーを作るために必須な栄養素です。
リンゴ酸・・疲労の回復効果が期待でき、荒れた胃腸の調子を整える働きもあります
クエン酸・・体を弱アルカリ酸に保ち免疫力を高めます。
カルシウム・・骨や歯の構成要素として、また体の生理機能を調整し心を安定させる働きがあります。
鉄分・・鉄は必須ミネラルといわれ、約70%が血液中にある赤血球のヘモグロビンの構成成分となっています。
など。


マンゴー

夏の果物トップ10 犬

夏を代表する果物、マンゴーはβ-カロテンを豊富に含み、体内に入るとビタミンAに

変換されるため、過剰な活性酸素などを抑える抗酸化作用があり、

お肌の大敵である老化の予防や、ガンの予防に効果的であるといわれています。

マンゴーは東国原県知事時代、宮崎県産マンゴーが一躍有名となりましたよね!!

もちろん、わんちゃんにも良いようですが、水分や食物繊維が多く含まれるためお腹を壊したり、

下痢をしてしまうこともあります。

ビタミンA・・強い抗酸化作用を持っています。
ビタミンE・・活性酸素から体を守る効果があります。(強い抗酸化作用)
ビタミンC・・抗酸化作用があります。
カロテン・・・・強い抗酸化作用を持っています。(不足していればビタミンAに変わります)
カルシウム・・骨や歯の構成要素として、また体の生理機能を調整し心を安定させる働きがあります。
カリウム・・疲労回復効果や不要な塩分の排出作用があります。
葉酸・・水に溶ける水溶性ビタミンのひとつで、ビタミンB群の仲間で赤血球の形成を助ける栄養素です。
など。


グレープフルーツ

夏の果物トップ10 犬

夏を代表する果物、グレープフルーツといえばビタミンCが豊富なためストレス回復には最適です。

また、老化を防ぐ、美肌効果、免疫力を高め風邪などがひきにくくなるなどの効能も期待できます。

グレープフルーツも適量であれば、わんちゃんに食べさせても大丈夫なようです。

皮やスジは消化しにくいので、実部分を食べさせると良いですね。

皆様の愛犬は柑橘系のフルーツ、食べますか?

ビタミンC・・抗酸化作用があります。
クエン酸・・体を弱アルカリ酸に保ち免疫力を高めます。
ペクチン・・コレステロール値、血糖値の低下や便秘・下痢の解消効果があります。
リモネン・・脂肪燃焼、リラックス効果があるとされています。
ナリンギン・・食欲抑制や抗酸化、アレルギーを抑制する効果があります。
など。

夏を代表する果物たち、見ているだけで食欲が湧いてきます。

ぶどう以外であれば、果肉部分は愛犬と一緒に楽しく食べることができます。

わんちゃんの喜ぶ姿も目に浮かんできますよね。。。

飼い主さんもわんちゃんも、夏の暑さで食欲が落ちた時には夏果物、おすすめです。

ビタミンやカロチンをたくさん摂取して、元気な夏を過ごしたいですね。

あっ、ただし食べ過ぎにはくれぐれもご注意を!!

犬 果物

昨年初めての梨を体験したゴールデンレトリバーです。

うるうるした瞳が印象的!!


歯磨き嫌い 嫌がる愛犬のデンタルケアはどうしたら良い?

犬の 手作りおやつ ~ ベビーフード ピーナッツバター を使ったレシピ ご紹介!!

犬用 無添加おやつ ~ 気になるのでピックアップしてみました!!

国産無添加ドッグフードのご紹介をさせていただきます!!

ペットクリニックへのイメージがガラリと変わるCAFE併設クリニック誕生!


果物に興味津々のゴールデンレトリバーを応援してください。
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村