老眼は犬にもある 〜 犬の目は人間と同じなの?

私たち飼い主は年齢とともに、目が老化します。

目の酷使、ルテイン減少などによるものですね。

では、わんちゃんたちの目はどうなのでしょうか?

犬はもともと「近視」だと聞いたことがありますが、私たち飼い主と同じように「老眼」なるものがあるのでしょうか?

犬を飼う飼い主としては気になりますよね。

スポンサーリンク

犬の目について

犬 老眼

今はそのほとんどが家庭犬として飼われていますが、犬はもともと狩りをして暮らしていた生き物です。

狩りをするということは「広い視野」を持っているのです。

私たち飼い主は精一杯見渡して180度(ギリギリですよね・・)

それに対し、ワンちゃんは犬種によって誤差はありますが、250270度と広範囲の視野を見渡すことができるといいます。

牧羊犬だと1500mにいる人の合図まで認識することができるのだそうです。

これだけ広範囲を見ることができるわんちゃんですが、視力的には0.3未満だというのは皆さんもよくご存知ではないでしょうか?

でも、犬には狩りをする本能があるので「動きのある遠くの物体」を認識できる能力を持っており、視覚以外の器官や能力を使って物体を認識することができるため、私たち人間の視力0.3未満とは全く違う世界なのです。

犬は視野がとても広いということはお分かりいただけたでしょう。

ただし、見えている色については私たちと同じようには見えていません。

私たちは色を識別するために、網膜に錐状体という細胞があるのですが、わんちゃんには錐状体がほとんどないため、識別できる色は青~黄色の2色、またその中間色だけだと言われています。

「うわ~、色が綺麗だね」と買ってあげたおもちゃも、わんちゃんにはよく見えていないということになりますね。

わんちゃんのことを考えると、おもちゃなども青か黄色にしてあげると遊びやすいのかも知れません。

想像すると、犬は白黒のモノトーンというより、レトロカラーの中で毎日生活しているのですね~。


近視でも夜目が見えるのはなぜ?

犬 老眼

レトロカラーの中で生活する犬が、夜でもよく目が見える理由として

わんちゃんは私たちが持っていない「タぺタム層」という細胞層を持っています。

タぺタム層とは
網膜の裏に存在し、光を反射する働きがあるため光の少ない夜でも対象物を認識することができます。

視力が弱いとはいえ、暗い夜でも私たち人間の5倍は見えているというから凄いものです。

さらに、聴覚は人間が感じとれる音の範囲の約4倍、嗅覚に至っては人間の1000倍~1億倍も優れています。

この臭覚は、生まれたときから高齢になるまで機能が衰えることはないそうです。

私たちよりも大きな水晶体を持つ犬は、光を眼球内にたくさん取り入れることが出来ますが、レンズの厚みを調整してピントを合わせるということが得意ではなく近くのものがぼやけてしまうのです。


犬にも老眼はあるの?

犬も人間と同じように老化は避けられません。

もともと近視で遠くが見えない目が高齢犬になれば、さらに見えなくなることもありますし、

「白内障」や「緑内障」になることだってあります。

白内障は老化が原因ですので老眼にはなるのでしょうが、私たち人間の「老眼」とは違います。

白内障になると、眼球が白く見え、瞳孔は光を調節するため、通常縮小しますが、

白内障で光を感知しにくくなり開いた状態になることもあります。

初めは蛍光灯の下などで見ると、うっすらと白く濁っているのがわかるくらいで、
(個体差がありますが)5,6歳頃から徐々に進行していくようですが、聴覚・臭覚に優れるわんちゃんですので、視力が落ちても人間が視力を失うような不便さはありません。

内服や点眼による治療が行われます。

重度の白内障では失明の可能性があるため手術で視力回復をおこなう事もあるようですが、

一般的な老化による白内障であれば、手術のリスクの方が大きいようです。

先代犬の場合
割と早い時期から、うっすらと水晶体の白さがありました。

電気をつけるとわかる程度で、9歳になってすぐ虹の橋を渡ったためシニア犬の域とはいえ、日常生活や散歩に支障をきたしたことはありませんでした。

緑内障は、目の眼圧が上がり視野が狭窄してしまう病気です。

症状としては、目に痛み、充血、眼球突出などがあり、急性緑内障ではすみやかな治療がなされない場合はほとんどの犬が失明してしまいます。

特に、アフガン・ハウンド、バセット・ハウンド、ビーグル、コッカー・スパニエル、プードルなどに比較的多いようですので、注意が必要ですね。

失明はなくとも、視力が弱くなったら毎日の生活の中で飼い主さんの配慮が必要になるでしょう。

▶︎散歩では飼い主が犬の目になってあげる
▶︎犬の近くで不用意に大きな音を出さない
▶︎部屋飼いの場合は障害物などに気をつける

飼い主さんの老眼についてはこちらを合わせてお読みください。

老眼を心配する前に予防と対策を忘れないで!!
夕方になると目がかすむ 電気の下で文字が読みづらい 文字を読む時に対象物を離してしまう 肩コリや目の疲れがひどい などの症状がありま...


目の老化予防法はある?

犬 老眼

老化が原因となると、私たち人間同様、自然に任せるしかないのかなと思います。

人間と違い、わんちゃんはスマホやパソコン、テレビなどの「目の酷使」がないことは幸いですよね。

目の老化を予防するということは、体全体の老化を予防することで、免疫力をつけることが大切になります。

免疫力は腸内環境と深く関係があります。

消化吸収のよい食材をあげ 善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことによって腸内環境は良くなり 免疫力も上がると思われます。

普段から犬にとって消化の悪い植物性タンパク質や穀物の入ってるドッグフードは避けた方がいいようです。

わんちゃんには、私たち飼い主以上に栄養バランスの整った食事が必要となります。

また、免疫力アップで人間同様同じように犬用サプリメントを与えるのも良いかも知れませんね。

犬 老眼
DHC 愛犬用 ぱっちり 60

ビール酵母・・(疲労回復、免疫力アップ、血圧改善)
豚レバーエキス・・(鉄分、ビタミンA/Bを多く含むため滋養強壮効果がある)
ブルーベリー(ビルベリー)エキス末・・(アントシアニン、抗酸化作用)
マリーゴールド(ルテイン含有)・・(抗炎症作用)
カシスエキス末・・(眼精疲労、目の疲れや視力改善に効果がある)
菊花エキス末・・(アンチエイジング、リラックス効果、眼精疲労にも良い)
黒大豆種皮抽出物(遺伝子組換えでない)・・(アントシアニン)
ガラスープ(豚、鶏由来)・・(腸内環境を整える効果がある)
アスタキサンチン(ヘマトコッカス藻由来)・・(カテロノイドの一種で抗酸化作用がある)

軽く原材料の効能を見ると、目の老化を予防するというよりも健康を保つための作用が多いことがわかります。

人間も同じですが「目の老化」のみを考えるのではなく、カラダ全体の健康を維持しなければならないのだということがよくわかりますね。

そのため、抗酸化作用のある栄養分はとても大事になります!!

健康であること=若さ=目の老化予防ということです。

わんちゃん自身の免疫力を上げ、健康なカラダ、免疫力のあるカラダを維持させてあげることが目の老化にも大切なことですね。

老眼は犬にもある ~ 犬の目は人間と同じなの?
最後前お読みいただき、ありがとうございました。


食欲がない夏 ~ 栄養バランスを整えて夏バテに気をつけよう!

夏の人気果物トップ10 ~ 犬は食べられる?食べられない?

年齢を重ねていく愛犬のために 飼い主ができる7つのこと

歯磨き嫌い 嫌がる愛犬のデンタルケアはどうしたら良い?

犬用 無添加おやつ ~ 気になるのでピックアップしてみました!!


まだまだ元気でいたいゴールデンレトリバーを応援してください。
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村