はちみつは赤ちゃんには危険なものだけど効能抜群なんですよね 〜 犬にはどう?

ハニースコーン、ハニークッキー、はちみつバターのパン、はちみつゼリーなど、はちみつを使ったレシピは誰もが喜ぶ美味しいスイーツですね。

皆さんは、どんな「はちみつスイーツ」がお好みですか?

健康、美容面において評価の高い「蜂蜜」ですが、1歳未満の子供さんには危険なもの、、聞いたことあります??

赤ちゃんがダメだということは、犬にも良くないものなのでしょうか? 謎。

スポンサーリンク

1歳未満の乳児には、はちみつ注意!!

はちみつ 効能

ボツリヌス菌

食中毒が問題になる夏には、ブドウ球菌とともに毒素型の食中毒菌としてよく耳にする菌ですよね。

実は、私たちが「美味しい」と食べる蜂蜜には、このボツリヌス菌が含まれている場合があるのです。

ボツリヌス菌の芽胞は、低酸素状態に置かれると発芽・増殖が起こり、毒素が作られます。

ボツリヌス菌の毒素は、現在知られている自然界の毒素の中では最強の毒力とされています。

ボツリヌス菌が体内に入ると、8時間~36時間で吐き気、おう吐や視力障害、言語障害、えん下困難 (物を飲み込みづらくなる。)などの神経症状が現れるのが特徴で、重症例では呼吸麻痺により命を落とすケースもあるようです。

私たち大人は、蜂蜜に含まれている程度のボツリヌス菌であれば平気なのですが、赤ちゃんは免疫力や抵抗力が弱く、腸内細菌が少ないためボツリヌス菌が増殖し、乳児ボツリヌス症になってしまうことがあります。

乳児ボツリヌス症は、便秘状態が数日間続き、全身の筋力が低下する脱力状態になり、 哺乳力の低下、泣き声が小さくなる等、筋肉が弛緩することによる麻痺症状が特徴だとされています。

このような症例が増えたことから、ハチミツの容器には「ハチミツは1歳未満の乳児には、食べさせないよう気をつけてください」と記されるようになりました。

1987年に当時の厚生省から「乳幼児には蜂蜜を食べさせるべきではない」と発表されたのです。

「美味しい、美味しい」と食べているハチミツのイメージが少し変わりますよね!

乳児には危険とされるはちみつですが、私たち大人にとっては健康、美容面においてプラスになる効能がたくさんあるものです。

では、ハチミツにはどのような効能があるのでしょうか?


はちみつの栄養成分

はちみつ 効能

ビタミンB1・エネルギーを作り出す働きと神経を正常に機能させる働きがあり、私たちには欠かせないビタミンです。

B2・脂質からエネルギーを作るときに活躍する栄養素です.

B6・たんぱく質のサポートをして成長促進や、皮膚・粘膜・毛髪・歯などの健康を保つ働きがあります

葉酸・ビタミンB群のうちのひとつで新陳代謝や細胞分裂が活発な組織で必要になるビタミンです。

ニコチン酸・ナイアシンに含まれる成分の一つで糖質や脂質代謝に作用する働きがあります。

(ナイアシンは体内で酸化還元補酵素として働き、糖質や脂質をエネルギーに変える作用があります。)

パントテン酸・脂質・糖質・たんぱく質からエネルギーを作り出すために必要不可欠な栄養素です。

(パントテン酸が不足すると脂肪が溜まりやすい体になってしまいます。)

ビタミンC・強い抗酸化作用を持つ栄養素です。

ビタミンK・血液を凝固させる止血作用、血液をサラサラにする、痔の改善、カルシウムを作る、骨の形成などに効果があるとされています。

ビオチン・肌の新陳代謝をよくする、アレルギー症状の緩和、毛髪の発育機能を高める働きがあります。

他、ミネラル類、アミノ酸や酵素といった栄養素も豊富に含まれているとても栄養価の高い食品です。


はちみつの効能

▶︎疲れがとれる

はちみつの主成分はぶどう糖と果糖です。

はちみつは体内に入ると短時間で腸壁から吸収されて血管に入り込み、胃腸への負担なく栄養分になるという特徴を持つため、身体が弱っていたり疲れが溜まっている時、スポーツなどの運動後の肉体疲労などに疲労回復の効果が期待されます。

▶︎血圧予防にもなる

はちみつはミネラルが豊富で、なかでもカリウムが多く含有されているため余分な塩分を排出して、血圧を下げる効果があることから、高血圧の予防に効果的だと言われています。

▶︎腸内環境を整える

蜂蜜にはグルコン酸が含まれており便秘解消に効果があるほか、善玉菌を増やして腸内環境を整理してくれたり、腸を刺激してくれる効果があります。

(グルコン酸にはビフィズス菌を増加して腸内環境を整える働きがあります。)

▶︎美容にも良い

ビタミンB、ビタミンCは皮脂の分泌量を調節してくれ、さらに殺菌・抗菌の作用まであるので、ニキビや肌荒れ・乾燥を防いでくれます。

乾燥を防ぐことはしわ防止にも効果があるということですよね。


純粋はちみつ

はちみつの成分を活かすためには、より天然に近い、純度の高いはちみつを選ばなければいけないでしょう。

では、はちみつを購入する際に気をつけいこととはどのような点でしょうか?

純粋はちみつの定義として・・・

国産・・水分の含有量が23%以下

外国産・・水分の含有量が20%以下

(専門店で購入するにしても、ネット通販で購入するにしても、成分表チェックの参考になりますね。)

とされています。

国産はちみつについては、
⇒こちらで詳しい規定をご覧いただけますので、ぜひご確認ください。

はちみつ 効能

山田養蜂場さんでの人気NO.1はちみつはドイツ純正法に準拠してつくられたはちみつです。


はちみつ 効能

杉養蜂園さんの加熱処理をしていない純度100%の国産蜂蜜です。


はちみつを犬に与えるのは?

はちみつ 犬

ボツリヌス菌が原因で食中毒になることが可能性0%ではありませんが、食べさせることは可能です。

ただし、生のまま与えるのではなく、必ず加熱して与えるようにしましょう。

ボツリヌス菌は熱に弱く、120で数分加熱するば死滅するとされているためです。

はちみつのなかでもマヌカハニーはわんちゃんに良いとされています。

ミネラル分が豊富なマヌカハニー(はちみつ)は、毛並みが豊富で艶が良くなると言われています。

また、マヌカハニーには殺菌力や炎症を抑える効果があるため、お口のトラブルなどにも使われていますよね。

はちみつの入ったクッキー

はちみつの入ったヨーグルト

というように、加熱したはちみつを少し加えて与えることで、わんちゃんも喜びそうですね!

はちみつ 犬

はちみつは砂糖に比べるとカロリーも少なく、糖分が脂肪に変わりにくい、塩分が少なく心臓などの持病のあるわんちゃんにも負担がかからないというメリットがありますが、何にせよ「やりすぎ」は禁物です。

1歳未満の乳児同様、わんちゃんにはちみつを与えるのは危険とも言われていますが、きちんと加熱処理をして適量を守れば、美しい被毛を保ち健康や口のトラブル等にも効果があることも期待されます。

与えすぎは肥満にも繋がりますので、量には十分気をつけてくださいね。

いかがでしょうか?

はちみつが赤ちゃんに良くない理由

はちみつが私たち大人には良い理由

はちみつが食べ方次第では犬にも良い理由

おわかりいただけたでしょうか?

何事もほどほどに・・・を守りながら美味しくいただきたいですね!!

はちみつは赤ちゃんには危険なものだけど効能抜群なんですよね 〜 犬にはどう?を最後までお読みいただき、ありがとうございました。


コードレスクリーナーがあると掃除に助かるペットとの暮らし

犬の外耳炎 ~ マラセチア菌は私たち人間にも?!

ペットを通してのSNSに悩みを持っている方へ ~ 思い切って辞める勇気も必要です。

犬用 無添加おやつ ~ 気になるのでピックアップしてみました!!

愛犬の食欲がない ~ とても心配なんだけどどうしたら良いの?


クッキーに蜂蜜を入れてもらったことがあるゴールデンレトリバーを応援してください。
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村