手足を舐める、噛むといった症状がわんちゃんに続いたら・・・

犬が自分の身体をきれいにするため、身体のアチコチをペロペロ舐めることをグルーミングといいますね。

これは犬に限らず、猫も、他の動物たちも行う行為で、後天的に習得されて、以降の世代へと伝える場合もあり、動物が生きていく凄さを感じます。

手足や身体をペロペロ舐めるのも、グルーミングであれば問題ないのですが、

体のある特定の場所だけを舐め続けるということはありませんか?

無心に舐め続ける(時には噛むこともある)、飼い主の声も聞こえていないくらいに必死に。。。

これって、わんちゃんにとってあまり良いことではないようです。

スポンサーリンク

グルーミングとは

手足を舐める

動物が体の衛生や機能維持などを目的として行う行動のことを言います。

毛繕い、羽繕い、ノミ取りなどが含まれ、わんちゃんはもともとグルーミングを行う生き物なのです。

飼い犬の場合、グルーミングといえばシャンプーやリンス、ブラッシング、爪切り、カットなどになるでしょうか?

家庭で飼い主さんが行うグルーミングは、「犬の健康維持」や「抜け毛の軽減」

そしてなによりも、愛犬とのスキンシップを深める役割があると思います。

毛や皮膚をきれいに保つためのグルーミングであれば何の問題もないのですが

手足のある特定の部分だけを舐め続けると、肉球が赤く腫れたり、舐めたり噛んだりすることで傷を作り細菌感染したりと良くない症状が現れてしまいます。

もし、このような症状が現れたら幾つかの原因が考えられますので、すぐに専門医を受診されてくださいね。


強迫性異常症

みなさん、強迫性異常症をご存知ですか?

一つの行為を繰り返し繰り返し、取り憑かれたように行う行動で常同行動(じょうどうこうどう)と呼ばれるそうです。

さらに、自分の意思で止めることができなくなると強制行動(きょうせいこうどう)とも呼ばれるそうです。

犬の異常行動の一つですが、犬だけには限らないということです。


強迫性異常症の症状

前足、尻尾などを無心に舐めたり、時には噛んだりする

脇腹、前足、しっぽなど、口の届くところに脱毛やただれがある

尻尾をぐるぐる回って追いかけ回す(噛む)

同じ場所を行ったり来たりする

何かの表面を延々と舐め続ける

あまり意味のない行動を何度も何度も、しつこくやり続けるといった様子が見られるようです。


強迫性異常症の原因

▶︎痛みによるもの
病気や怪我などで痛みがある場合、痛みを和らげたり、気を紛らすためにこのような症状が出ることがあります。

▶︎拘束によるもの
犬小屋やケージにずっと閉じ込めっぱなしだったり、室外につながれっぱなしだったりすると、犬にストレスを与えてしまうことがあります。

▶︎孤独感によるもの
飼い主がいないことでとても不安になり、延々と鳴き続ける犬がいます。(分離不安とも言います)

また、飼い主さんや他の犬などとのスキンシップが少ない場合にもこの症状が現れることがあります。

▶︎ストレスによるもの
攻撃的な犬との多頭飼いや、飼い主による体罰(躾がエスカレートした場合も)が、わんちゃんに持続的なストレスの原因となります。

また、散歩が足りないために退屈になったり、肉体的な疲労が少なく眠くならないため、手足を舐め続けたり、同じ行動を繰り返して時間をつぶすということもあります。


強迫性異常症は遺伝的なこともある

なんと、ゴールデンレトリバーもその中の一犬種のようです。。。

手足を舐める

▶︎ゴールデンレトリバー、ラブラドールレトリバー
自分の体を舐め続けることがあります。

▶︎ジャーマンシェパード
自分のしっぽを追いかけ回すことがあります

▶︎ドーベルマン
自分の脇腹に吸い付くことがあります。

我が家のゴールデンレトリバーはよく尻尾を追いかけ回していることがあるのですが、

これも強迫性異常症の一つなのでしょうか?

(執拗に・・ということではないのですが)


強迫性異常症の治療

まずは、獣医師に状況説明を行い「病状」についての診断を行ってもらいます。

原因の排除が最優先されることは間違いありませんが、強迫性異常症の原因も広範囲に及ぶため

原因を特定するのも難しい場合があるでしょうね。

可能性のある原因を一つずつ排除していかなければいけません。

症状によっては、投薬が必要な場合もあるようです。


手足を舐める・噛む

我が家のゴールデンレトリバーもつい最近、この症状で受診したばかりです。

気づけば、右足爪の上あたりを無心に必死に舐めたり、噛んだり、、、

だんだんと、その頻度が増してきて舐めている部分、被毛の奥が赤く腫れていたので受診しましたが

獣医師の診断では「ホットスポット」と呼ばれる急性湿性皮膚炎という皮膚病でした。

ホットスポットは 急性湿性皮膚炎 の別名です!!
ホットスポットときいて、何を想像しますか? ホットスポットには色々な意味があり、地学的には地球内部、マントル上部で絶えず高温の物質を上昇さ...

このように、舐める行為を続けたとしても病名のついた病気も考えられます。

皮膚がただれたり、出血していたりしたら細菌感染の危険もあるので診察してもらうことをおすすめします。

しかし、遺伝的なものがあると考えれば強迫性異常症である可能性もないとは言えません。

実際、似たような行動をすることがありますが、素人判断では何事も難しい・・・。

専門医の診断を信頼して、神経質にならず、愛犬のためにゆっくりと治療する他ありませんね。

過保護なゴールデンレトリバーですので、ストレスは考えにくいのですが、飼い主の自己満足にならないよう、

改めて観察してみたいと思います。

(最近は暑さ、湿度によるストレスがあるかも知れません)

手足を舐める

現在は、ただただ「暑さ」と「湿度」と戦うのに必死なゴールデンレトリバーです。

ホットスポットには「湿度」も良くないので、気をつけなければいけません。

頑張って暑い夏を元気に乗り越えよう!!

手足を舐める、噛むといった症状がわんちゃんに続いたら・・・
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


老眼は犬にもある ~ 犬の目は人間と同じなの?

犬の外耳炎 ~ マラセチア菌は私たち人間にも?!

セカンドオピニオンをご存じですか? ~ 人とペットの医療体制について

食欲がない夏 ~ 栄養バランスを整えて夏バテに気をつけよう!

夏の人気果物トップ10 ~ 犬は食べられる?食べられない?


ホットスポットは治らないと言われたけど、頑張ろうと思うゴールデンレトリバーを応援してください。
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

にほんブログ村