ゴールデンレトリバーの魅力

真夏の暑さ、湿度、汗は危険 〜 犬も飼い主も同じ注意が必要です!!

スポンサーリンク

犬を飼っていると、寒い冬より暑い夏の方が心配ではないですか?

特にダブルコートの被毛を持つわんちゃんたちは心配です。

暑くても汗をかけない犬は湿度が高いことで、ますます辛い夏となってしまいます。

でも、犬の心配ばかりもしていられない・・・

暑い夏は、私たち人間にも危険なんですよ!!

暑さはもちろん、高湿度や大量の汗にも要注意です。

ダブルコートの犬

熱中症、暑さ、湿度、汗

被毛が上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の二重構造になっていることをダブルコートと言います。

寒い冬、体温を保つために密生した柔らかい毛を下側に持ち、暖かくなってくるとアンダーコートが抜けて

オーバーコートのみとなります。

汗を掻くことができない犬は、寒い冬と暑い夏では被毛の構造が変わるのです。

(人間の衣替えのようなものですね)

ダブルコートの犬は、寒い地方原産の犬種に多くみられます。

ラフコリー

ボーダーコリー

シェットランドシープドッグ

ゴールデンレトリバー

ラブラドールレトリバー

コーギー

ポメラニアン

スピッツ

柴犬

秋田犬

シベリアンハスキー

ミニチュアシュナウザー

などがそうです。

寒冷地というのは、空気も乾燥傾向にあるので日本のようにジメジメ、蒸し蒸しはしていません。

その気候に適したわんちゃんたちの被毛は、どう考えても日本の夏は厳しいでしょうね。。。

温度が高い、湿度が高い、犬や猫だって人間と同じように病気(熱中症など)になります。

犬や猫、ペットたちは言葉で訴えることができません。

気づかなければ、命の危険もありますので、飼い主さんが十分に気をつけてあげてください。


犬の熱中症予防の対策は?

熱中症・予防法については、私たち人間とさほど、違いはありません。

「空調・温度管理」がもっとも大切になります。
・留守番させるときにはエアコンをつけるか、通気の良い状態にすること
・わんちゃんを車に同乗させる際、車内には絶対にペットを残さないこと

・水分を補給し、排尿を我慢させないこと
・散歩の時間に気をつけること

犬には肉球にしか汗腺がないため、熱が体内にこもりやすいので熱中症は天敵となります。

クールマットやタオルなどの 「ひんやりグッズ」を取り入れるのも良いかと思います。

犬の熱中症についてはこちらをお読みください

犬の熱中症を考える 〜 飼い主と共に対策をしっかりと!!
犬が最も苦手な「暑い夏」がやってきますね。 すでに、日中の日差しはわんちゃんの体力を消耗するようです。 熱中症対策が必要になる時期です。...


暑さが危険なのは犬だけじゃない

熱中症、暑さ、湿度、汗

太陽の下に長時間滞在しない

水分摂取を心がける

通気性を良くする

汗をかいて疲れたら休む

注意が必要なのは、決して犬だけではありません。

私たち人間にも「熱中症」の危険は迫ります。

皆さんは熱中症に種類があることをご存じでしょうか?

「熱中症」というのは、暑さからくる健康障害の総称に過ぎません。

だから、熱中症の症状は一つではないのです。

▶︎熱射病
私たちが小さいころから注意をされてきた熱射病。
体温の上昇により、中枢機能に異常をきたした状態で深部体温が40度を越すなど
危険で緊急を要することもあります。

意識障害、言語障害、ふらつき、ショック状態などの重い症状があらわれます。

▶︎熱失神
皮膚血管の拡張により血圧が低下するため、脳の血流が減少してめまいや顔面蒼白、一時的な失神などの症状があらわれます。

▶︎熱けいれん
大量の汗をかき、水分だけの補給でを行い、血液中のナトリウム(塩分)か不足した場合に、手足がつる、筋肉痛、筋肉が痙攣(けいれん)するなどの症状があらわれます。

▶︎熱疲労
大量に汗をかき、水分の補給が追いつかない場合に全身倦怠感、悪心・嘔吐、頭痛、判断力の低下などの症状があらわれます。

脱水症状の一種なのだそうです。

大きく称される「熱中症」にはこれだけの症状が入っているのです。

熱疲労

何を隠そう、私自身が「熱中症・熱疲労」を体験しています。

熱中症は一気に症状が進み、とても恐ろしいものです。

自分の場合は、ムカムカ吐き気から症状が始まりました。

「あれ?何で?」

「お腹空いたからかなぁ?」

「風邪でもひいたのかなぁ?」

と考えているうちに、みるみる間に嘔吐、全身倦怠感が襲ってきました。

嘔吐と滝のように湧き出す汗で体力を奪われていくなか、リビングとトイレの行き来で(嘔吐も酷かった)

終いには動けなくなり、リビングのフローリング上にうずくまった状態で1時間ほど過ごしました。

熱疲労の場合、体温調節機能が残されているため発汗は持続し、体温はそれほど上昇しないのだそうです。

症状の進みが早過ぎて、とにかく恐ろしいです。

ここまでの症状で止まってくれたから幸いでしたが、救急車の一歩手前状態だったのです。

原因として考えられることは

▶︎塩分(スポーツドリンクなど)の補給ができていなかった

▶︎休憩を入れずに外での作業を続けた

▶︎体力作りができていなかった

熱中症、暑さ、湿度、汗

実は、家の庭で草取り作業をしていたのです。

でも、太陽が昇る前の時間(早朝)でしたので陽に当たっていたわけではないのです。

ねっ、考えると恐ろしくないですか?

太陽に当たったから「熱中症」ではないということです。

水分は気をつけて補給していたのですが、あとあと考えてみると塩分が摂れてなかったんですねー。

やはり、お茶やお水ではなく塩分強化もできるスポーツドリンク類が良いのだと思います。

熱中症、暑さ、湿度、汗


熱中症、暑さ、湿度、汗

所ジョージさんCMでおなじみのOS-1

いつ、どの状況でも成りうるものなのです。

人間も、わんちゃんやペットも同じことだと思います。

▶︎塩分について
わんちゃんは人間のように汗をかかないので、それほど特別な塩分は必要なく

食事がドッグフードの場合は、含有量で十分のようです。

熱中症、暑さ、湿度、汗

絶対に他人事だと思わないでください。

窓を開けているから大丈夫だと思わないでください。

何が原因で発症するかはわからないので、念には念を!!で、しっかりと熱中症対策をお願いいたします。

栄養バランスの整った食生活も大切だと思いました。(何よりも体力をつけておかなければいけません。)

継続的な運動を行い、基礎体力をしっかりとつけておくこともとても大切なことだと思います。

熱中症はほんとに恐ろしい、、何が恐ろしいって症状の進行速度。。。

あっという間に進みます。

人間の体でもそうなのですから、体の小さいペットはもっと速く進んでしまうでしょう・・・。

皆さんの愛犬は大丈夫ですか?

少しでも熱中症の症状に当てはまったら、早めの受診をおすすめします!!

考えるだけで恐ろしい・・。

まだまだ暑い夏が続きます。

皆さま、くれぐれも対策をしっかりと!!されてくださいね。

真夏の暑さ、湿度、汗は危険 ~ 犬も飼い主も同じ注意が必要です!!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。


犬の夏バテと熱中症  何が違うの?

湿度を減らして快適に過ごしたい ~ 犬にとって湿度とは?

食欲がない夏 ~ 栄養バランスを整えて夏バテに気をつけよう!

犬の日光浴 ~ 紫外線の影響は大丈夫?

汗をかくことにメリットはあるの?

ハアーハアー、パンティングが止まらないゴールデンレトリバーを応援してください。

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

にほんブログ村