ゴールデンレトリバーの魅力

価値観の違いをどう受け止める? 〜 どの世界にもあるある「考え方の違い」

スポンサーリンク

大型犬派、中型犬派、小型犬派。

犬好きと一口に言っても「犬」のどの部分に価値観を感じているのかは人それぞれ。

自分が「好き」と考えることが他人も同じとは限りません。

好みや性格、考え方で物事に対する価値観というものは違うものなんですよね。

どんな世界でも、どんなシチュエーションでも価値観の違いは存在します。

価値観とは

物事を評価する際に基準とする、何にどういう価値を認めるかという判断のこと。

価値観の違いを例に出すと、わんちゃんで言えば・・

大型犬のおっとり優しい性格に癒されるのが好き。

家の中でも比較的コンパクトな中型犬が好き。

赤ちゃんみたいに抱っこできる小型犬が好き。


というように「犬が好き」な価値観は皆それぞれなのですよね。

それぞれの価値観で犬と真剣に向き合うことは、わんちゃんにとって幸せなことです。

飼い主さんの指示に従うことは、わんちゃんにとってこの上ない喜びなとなりますよね!!


価値観の違いを感じる

我が家では大型犬ゴールデンレトリバーを飼っていますが、散歩のたびにテリア系のわんちゃん(犬種が定かではありません)にお会いするのですが、、、

飼い主さんに毎度毎度「大きい、怖い」と徐ろに避けられます。

もちろん、うちのゴールデンが吠える訳でも、近寄る訳でもありませんがきっと「大きい犬は怖い」という先入観があるのだと思います。

初めのうちは「怖くないですよ・・・」と犬種の特徴や性格を丁寧に説明していましたが、それでもやはり「小さい犬は抱っこできるから大人しい」「大きい犬は怖い」と、聞く耳持たず、小さい犬への価値観を言い続けられます。

これは見事な価値観の違いですね。

価値観の違いをどう受け止める?

犬そのものに対する考え方の違い、好みの違い、育て方の違い、接し方の違い、いろんな違いが「価値観の違い」に結びついています。

「あー、自分とは犬に対する想いが違う飼い主さんなんだな」

「我が家の愛犬が近づくのが嫌なんだろうな」

「犬飼いではあっても、大きいわんこは苦手なんだろうな」

色々なことが考えられますよね!!

特に論議することもなく、今は説明することも、立ち止まることもせず、笑顔で挨拶を交わし、静かにすれ違うことにしています。

仮に納得してもらおうと話し続けたとしても、価値観の違いはどんなに説明しても平行線なんですよね。

それは仕方のないことなんです。


価値観を押し付ける人の心理

価値観の違いをどう受け止める?

人間にはそれぞれの性格や好みがあり、考え方も違うでしょう。

当然、価値観の違いが生じます。

皆さんのまわりにはいませんか? 自分の価値観を押し付けてくる方。

価値観の違いを度々押し付けられ、その度にイライラしたりしてませんか?

プライベートではともかく、仕事上での価値観の違いを押し付けられるのは辛いことですね。

人間ですから我慢にも限界を感じることもあると思います。

では、価値観を押し付ける人の心理とはどのようなものなのでしょう?

自分が正しい
自分の考えが正しいと思っていて、それに反するものは間違っているから正してあげたいと考えている。

正しい考えに正すことが自分の中で正しい価値観であり、本人にとっては善意でもあります。

違う価値観は認めない
他人の価値観を受け入れず、聞く耳を持たない。

自分が正しいと思っている故、違う価値観を受け入れられないのは当然のことだとも言えます。

価値観を押し付けられて育った
価値観を押し付ける人は、自分自身が価値観を押し付けられて育った人も多いそうです。

親の価値観で厳しく育てられるため、それが「正しいこと」になります。

親から学んだ正しいことを他人にも受け入れさせようと考えるのです。

価値観を押し付ける心理というのも、また複雑ですね。

その心理を考えると、より接し方も考えてしまいます。

でも、価値観の違いはいくら話しても平行線、交わる可能性は極めて低いと思われます。

ということはイライラしたり、ぶつかり合うのは賢明とは言えませんよね。

それに費やす時間も悩む時間も無駄だと言えます。

では、価値観が違う人と上手く付き合う方法はあるのでしょうか?


価値観の違う人との付き合い方

価値観の違いをどう受け止める?

考え方の違いを理解する
考え方が違えば、好ましいと思うこと、好ましくないと思うことが異なる場合も十分に考えられます。

考え方だけではなく、育った環境などが関わっているものでもあります。

価値観の違いは、様々な環境の違いで生じることで必ず一致する訳ではないという理解も必要です。

上手く聞き流す
いくら話しても平行線「うん、そうそう」と賛同することはないと良い意味で割り切って話を聞き流すのがおすすめ。

真正面から向き合うことで怒りを感じたり、イライラして不快感を覚えるのです。

平行線の話にイライラを募らせるのは勿体無いこと。

大人の対応で、話を上手く聞き流すと何事もなくその場を過ごすことができます。

受け入れるのもあり
自分とは違う物事への考え方、価値観の違いを別の角度から考えた際に「あ、そういうことか。ありかも?!」と思う場合は受け入れてみるのもありですよね。

価値観とは時間、場所、年齢によって変化していくもの。

良いと思ったことはどんどん受け入れ、実行してみるのも新しい自分を切り開くチャンスとなります。

上手く離れる
上記のようなことを心していても人間ですから、価値観の違いを感じる人との交流には消極的になりますよね。

苦手を我慢して無理に交流する必要はないので、適切な距離を置き、相手に不快感を与えず上手く離れることも大事。

上手な距離感を掴むとグッと楽になりますよ。

価値観の違いについて、いかがでしたか?

仕事の付き合い

プライベートなご近所付き合い

ママ友付き合い

犬友付き合い

どのお付き合いの中にも「価値観の違う人」は存在します。

価値観を押し付けられるのも嫌だし、押し付けるのも良くありませんね。

それぞれの付き合いの中で、理解しようとする気持ちも大切ですが、それでも価値観の違いに悩む場合は上記の方法を是非、試してみて下さい。

自分の中で割り切ることにより、価値観の違いがさほど気にならなくなります。

価値観の違いに振り回されるのは避けたいし、価値観の違いを押し付けられたり、それに悩むことのない毎日を過ごしていきたいですね。

犬飼いさんにおいては、価値観の違いによるモヤモヤを感じた時には愛犬と接することがおすすめです。

決して価値観を押し付けることなく、愛情だけを持ち、ただただ寄り添ってくれる存在に心から癒されます。

自分の価値観を大切にすることは決して悪いことではなく、むしろそれは個性につながるものだと思います。

人間であるからこそ持つことができる自分の価値観を大切にしつつ、愛犬と接することで穏やかな愛を持って平和に暮らしていきたいと心から感じることができますよ!

人間の心理って面白い!!

「肉が食べたい」と感じる心理 〜 お肉は人にも犬にも大切な栄養素を持っている
みなさん、無性に「肉が食べたい!!」と思うことありませんか? 私は個人的に、あまり肉が食べたいと思うことはないのですが(年齢のせい?) ...
笑うだけで幸せになれる? 〜 犬も飼い主も同じだよっていうお話!
子供やペットが家庭にいるだけで笑いが絶えず、賑やかな毎日になりますよね。 幸せな家族だんらんの時間が過ごせます。 我が家のゴールデンレト...
友達を探すことが嬉しくなる 犬を通しての付き合い
友達を探すのが苦手~~という人、意外に多いですよね。 私は子供の頃、父の転勤で日本の北から南へと転校したことがありますが、思春期真っ盛り、...
「挨拶をすると」飼い主にも愛犬にもメリットがある!!
おはよう・おかえり・行ってきます・ただいま・お休み~ 毎日、家族と挨拶を交わしていますか? 愛犬と挨拶を交わしていますか? 言葉は喋れ...


価値観の違いをどう受け止める? 〜 どの世界にもあるある「考え方の違い」を最後までお読みいただき、ありがとうございました。