動物病院の探し方・選び方!決め手はなに?!

どんなにかわいい赤ちゃん犬でも生き物です。

決してぬいぐるみではありません!!

成長していくなかで、当然「動物病院」とのおつきあいが必要になりますね

スポンサーリンク

動物病院について

petclinic-min

以前に比べると、動物病院の数もずいぶんと増え

ペットを飼う私たちにとってはとても心強く思います。

実家で飼っていた初代ポメラニアン時代は

動物病院が近くにない

動物病院の数が少ない

動物病院の話を聞くことができない

情報が少ないがゆえにどうしたら良いのか、わかりませんでした。

頼るものは電話帳のみ・・。

「あそこに○○病院があるね」とわからないままに行くか

ペットショップなどから紹介される遠い病院に行くかといった感じでした。

が、今は違いますね!!

わんちゃんを飼っている人も増え、同時に病院の数も増えました。

病気のこと、先生のこと、病院スタッフのことなどを尋ねることもできるし

インターネットを使えば、口コミなども参考にすることができます。

⇒口コミ動物病院検索サイト Pet@QLife

ほんとに、心強いの一言です。

動物病院の選び方

個々の考えがあるので難しいところですが、何を基準に考えるか?

自宅から近い

診察料が安い

地元で獣医さんが有名

待ち時間が少ない

など、色々だと思うんですよね・・・。

パピーでやってきてすぐに病院を決める必要はないと思うので

まずは、わんこ友達・ご近所さんで犬を飼われている方・ネット口コミサイトなどで

情報収集をするのが良い方法ではないかと思います。

情報を集めていくと、それぞれのペット病院がどんな特徴を持っているか?

が見えてくると思います。

予防接種が終わってないパピーちゃんだったら、その際に病院の様子を見てみるのもいいですよね!
(ワクチンは病気ではないので行きやすいです)

病気、しかも急病などの際には様子を見る・・なんてできませんからね!

動物病院のチェックポイント

院内が清潔であるか?院内の雰囲気はどう?

病気・けがで来院して、他の病気などに感染してしまっては無意味です。

待合室はもちろん、診察室、トイレまで掃除が行き届いているか?

チェックする必要がありますよね!

スタッフの対応

電話でも、直接受け付けにおいても、気持ちのいい笑顔で丁寧に対応してくれるか?

ということは信頼関係にも繋がる大切なことです。

「愛犬を連れて病院に行く」ということは

少なからず健康上の問題を抱えているということ。不安があるということ。

飼い主の気持ちを察して対応してくれるかどうかは愛犬をお任せする上でも重要だと思います。

ドクターの説明は?

診察の際に
・どんな病気なのか?
・何が原因なのか?
・どんな治療を行うのか?
・治療にどのくらいの期間が必要か?
・どんな薬を使うのか?
専門的なことが何もわからない私たち飼い主に対して

わかりやすい説明をしてくれることは、最低限必要なことだと思います。

ドクターも飼い主も納得したうえで

愛犬の治療が行われるためにはそこに対しての配慮が大事だと思います。

医療費のはっきりとした明細がわかる

動物の医療料金は「自由診療制度」です。

病院によって、料金が異なるのはそのせいなんですね
(独自で決められるのです)

治療に対しての料金を飼い主が納得できるためには、目で見える明細が必要です。

飼育相談ができる

診察の際、家庭で困っていること・悩んでいることなどの相談にのってくれるか?

たいていの先生はアドバイスくださると思いますが、適切なアドバイスができる先生は

しっかりと勉強されている・経験が豊富であるということでしょうから

今後の愛犬を任せる良いチェック項目になるはずです。

我が家の病院選び

byouin-min

ゴールデン”C”は、先代犬とは違う病院に通っています。

でも、以前の病院には何の不満も不安もありませんでした。

では、なぜ今の病院を選んだか?

”C”は生後40日で我が家にやってきたのですが

餌を食べずにずっと下痢が続いていました。

「あーー、これはやっぱりおかしい。病院に行かなきゃ」

と思い立ったのが、たまたま祭日だったのです。

以前、通っていた病院は日曜・祭日は休診日だったんです。

でも、様子がおかしい・・・と思ったら居ても立ってもいられなくなって、、、

そこで思いついたのが、お友達わんこが通っている病院でした。

その病院は日曜・祭日は通常診察を行っているのです。

病院の雰囲気・先生のことなども情報収集済みだったので「とにかく早い方がいい!」と診察を受けに行きました。

それが、、、大変な病気だったんです。

パピーを飼うなら知っておきたいコクシジウム症
生後40日で我が家にやってきたC もう、ただただ可愛かった。。 期待の星だった!!

先生のおかげで命は救われ、元気な”C”になりました!!

家から少し遠いのですが、車があれば行ける範囲ですし、これまでの治療記録があるし

何よりもドクターご家族がゴールデンレトリバーを飼われているので

ものすごい安心感があること・・・により

そのまま継続して今の病院にお世話になっております。

・家から少し距離がある
・診察料は安い方ではない
・餌などを有無言わせず買わせられることがある

というマイナス要素もあります。

でも、この病院に通い続ける理由というのは、やはり

「安心して愛犬を任せることができる」という病院への信頼感というのでしょうか?

飼い主の安心料というのでしょうか?

我が家はそこが一番のポイントになりました。

各家庭、それぞれに病院選びのポイントがあると思います。

飼い主さんと愛犬にとって、安心して治療できる

病院・ドクター・スタッフを選べることが一番ですね!!

今日も元気です!!

egao-min

元気が取り柄の、ちっちゃいゴールデンさん。

このえがおを守るために、頑張っていかなきゃね。

わんちゃんの避妊手術、飼い主としてどう考えますか?
Cは私たち家族の希望・太陽 居てくれるだけで幸せ 彼女の笑顔がみーーーんなを癒してくれる 優しくしてくれる

無邪気なゴールデンレトリバーを応援してください
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村