犬の療法食を使ったことがありますか?知らないより知っていた方が良い療法食の種類!!

犬の病気によっては、食事療法を勧められることがあります。

療法というのは、あくまでも治療方法の一つであり、食事療法をしたからといってすぐに病気が治るわけではありません。

これは人間も同じですけどね。

ロイヤルカナン、ヒルズ、ドクターズ、ユーカヌバ、療法食もプレミアムフードメーカーからたくさんのものが販売されていますね。


スポンサーリンク

療法食

療法食とは、獣医師が処方する病気治療薬とあわせて積極的に食事療法を行うと、期待する治療効果を得られますよ、、というもの。

基本的に動物病院で取り扱われていますが、現在は、ペットショップやインターネット通販でも購入することができます。

でも、療法食はわんちゃんの病気、病気に対する治療や薬との兼ね合いを見て勧められる食事なので、飼い主が勝手に食べさせても、思うような病気への効果は見られないかも知れません。

手作り療法食はどうでしょう?

手作りであっても療法食はあくまでも、病気を治すための治療法の一つ。

一般的なワンちゃんの手作り食とは違います。

ドッグフードと同じように、獣医師の指導のもと「手作り」をされることをお勧めします。

私の叔母は、獣医師から頂いた「療法食レシピ」で療法食を与えています。

レシピには材料、分量、栄養素の説明まで記載がありました。

愛犬の病状を一番よく理解されている獣医師の指導で、レシピを作ることが大切かと思います。

専門医の診断のもとで療法食を与える

療法食以外の食べ物(おやつも含めて)は与えない

飼い主の判断で療法食を辞めたり、変えたりしない

上記が食事療法の成果を出すポイントでしょうか。。。

ただ、獣医師も言っておられましたが、療法食というのは決して犬が喜ぶドッグフードてはないということ。

療法食に変えたことで「ごはんを食べなくなった」となれば、食事をしなくなると、必要な栄養が摂れなくなってしまいます。

当然、自己判断ではなく獣医師にご相談下さい。


ストルバイト

先代犬・フラットコーテッドレトリバーはストルバイト治療の際は、食事療法を行いました。


尿石症

おしっこが出る尿路となる腎臓・尿管・膀胱・尿道のどこかに結石といわれる

石ができる病気ですが、その石の一種がストルバイトです。

膀胱炎を起こして血尿したり、頻繁にトイレに行くがおしっこが出ない、、

また痛みを生じ、おしっこの際に変な恰好になることで気づくことが多い病気です。

先代犬は突然頻尿になり、おかしいな・・と思っていた矢先に「血尿」に気づきました。

ストルバイトは膀胱にできることが多く

原因としては食べ物やお水に含まれている物質から作られるようです。

治療法としては、抗生剤の投与+食事療法で治すのが一般的な治療とされています。

先代犬・フラットコーテッドレトリバーも全くその通りの治療法でした。

何もわからなかった飼い主、私たちは獣医師に言われるままの治療を行いました。

ただただ治って欲しいと願いました!!!

食事療法に関して。

食べれる食事は「これしかありません!」と紹介されたのがこちらのロイヤルカナン・phコントロールライトです。

幸いに1か月ほどで治り、再生もなかったのですが。

今になってよくよく調べてみればストルバイトの療法食って他にも色々あるんですね?!

でも、主治医が「この子にはこれを」と勧めて下さった療法食なのでこれが一番だったのでしょう。

先代犬はストルバイト(尿石症)に関する療法食でしたが、他にもいろんな療法食があります。

皮膚疾患、消化器系疾患、食物アレルギー、高脂血症、心臓や肝臓のサポートなど。

それぞれの症状に合った療法食が作られています。

素人ではとても判断できないほどの種類があります。

療法食、愛犬に合えばとても良い成果を出せるのでしょうが、お値段は高めです。

療法食のデメリットでもありますね。

高価すぎて続けられない場合もあるということです。

その場合も、獣医師と十分にお話をされると良いでしょう。


SANIMED(サニメド)

新しい療法食が発売になったようなので、これも軽い知識として知っておきたい!!

ゴールデンレトリバーの飼い主様

たくさんのわんちゃん飼いの皆さまにもご紹介しておきます。

オランダのボブラ・スペシャル・ペット・フーズ社が製造販売する特別食事療法食で

最新の臨床栄養学に基づいた栄養バランスを実現させ

獣医師の診断・指導のもと犬や猫の飼い主に勧める動物病院専売のフードです。

日本では6月から販売開始、今では取り扱う動物病院が120件を超えたそうです。
(熊本にはまだないようです、、もうすぐかな?)

SANIMED(サニメド)さんの療法食のポイント

・動物病院のみで販売されている。
・動物病院専売ということで求めやすい価格になっている。
・美味しさと品質を損なわない小袋包装になっている。

療法食の種類
アンチストルバイト
下部尿路疾患の犬に給与することを目的として、ミネラル成分・アミノ酸などの量を調整した食事

ウェイトリダクション
体重管理を必要とする犬のために、独自の脂肪酸バランスで低カロリー(245.5kcal/100g)を実現させた食事

ハイドライズドプロテイン
食物アレルギーによる皮膚疾患および消化器疾患の犬に給与することを目的として
加水分解タンパク質を使用し、EPA/γ(ガンマ)リノレン酸を配合した食事

リーナル
慢性腎臓病および肝臓病の犬に給与する目的で
タンパク質およびリン、カルシウムなどのミネラル成分を調整した食事

sanimed-min

犬用の療法食はこの4種ですが、どれもよく耳にする病状ですよね。

良い悪いは別として、方法が増えることはいいことです。

一種類だけだと、愛犬に合わない場合どうしていいかわからなってしまいます。

療法食の種類だって、少ないよりは多い方が良い!!

もしかしたら、この療法食を活用するときがくるかも知れません。

いやいや:(;゙゚”ω゚”):

使用しなくてもいいよう、健康管理に気を付けてあげたいですね。

⇒SANIMED(サニメド)取り扱い動物病院一覧

我が家のゴールデン

朝の散歩も、すっかり暗くなりました。

golden-sunrise2-min

真っ暗いうちに家を出て、明るくなるころに戻ってくる毎日。

朝は家事も詰まっているので、お散歩がこの時間帯になっちゃうんです。

golden-sunrise1-min

でもね。

愛犬と朝陽が昇るのをゆったりと見ている時間もなかなか素敵ですよ!



ic_mini01_star02ペット保険は必要か?!よく尋ねられるのですが、どうするかは飼い主次第!

ic_mini01_star02犬の冬散歩でわんちゃんが気を付けたいこと・飼い主さんが気を付けたいこと!!

ic_mini01_star02騒音って犬にとって大丈夫なもの?音に対する疑問を調べてみた!!

ic_mini01_star02秋の楽しみ!!犬と一緒に温泉旅行・計画

朝陽に感動してるっぽいゴールデンレトリバーを応援して下さい
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村