ブリーダーさんに聞いたブリーダー事情

C一家は九州の田舎地帯で暮らしています

まだまだ、こんな空き地がいっぱいあるところ

f:id:c-major:20160210131907p:plain

田舎ということはブリーダーさんにとっても

たくさんのわんちゃんを育てやすいのでしょうか??

f:id:c-major:20160210132509p:plain

スポンサーリンク

ブリーダーさんに聞いたブリーダー事情

Cを譲って下さったブリーダーさんは車で30分くらいのところにある

住宅地の中でたくさんのわんちゃんを育てている

近くに行けば、わんちゃんたちの吠える声がギャンギャンと聞こえてくるので

すぐにわかる。。。

私たちにはとてもありがたい条件だった

我が家に来るまでの間、何度も通うことができたし。。。

だけど、苦情の声もあるだろうなーーー

と心苦しくなる思いもあった

山の中に行けば、いいのか??

ブリーダーさん曰く、そうでもないらしいのです

山は山で集落の結束が強いらしく

外部から入ってきて、、、
しかもブリーダーというのは風当たりが強いらしい

わんちゃんを育てていく環境もだんだんと厳しくなっているという

大型犬の繁殖は今回で最後

そして、私たちには辛い話

これまで

ゴールデン・ラブ・フラット・バーニーズマウンテン

といった大型犬の繁殖も行ってきたが今回のゴールデンで最後だという

そう、Cキョウダイ7匹で最後なのです

母犬も里親に出すことが決まっているらしいです

理由は想像できていましたが、、、
大型犬の需要が少なくなったこと

マンションでペットを飼う家族も増え小型犬の問い合わせが増えているという

ブリーダーさん的には直接飼い主が見える状態でお譲りしたいとのこと

わかる!!

ブリーダーさんの気持ちは痛いほどわかる!!

このような事態が起きてしまうもんね

(Cキョウダイ、大丈夫だったかなー)

ブリーダーさんの努力・ご苦労を心からお察しします

憧れる反面、気楽にできるものではないのだと思う

ブリーダー事情をお聞きし、なんとも複雑な思いでいます

これから先

このあたりで大型犬を見ることも少なくなるのだろうか?
(実際、ご近所には多くない。。。)

思いっきり走りまわれるところも少ないし、大きな子達にとっては確かに不憫だよな

考えると、悲しくなる。寂しくもなる。

ペットに優しい環境であったもらいたいな

ic_mini01_star02愛犬のドッグフードはドライ派?缶詰派? 新しいフードが登場するよ!!

ic_mini01_star02動物病院の探し方・選び方!決め手はなに?!

ic_mini01_star02看板犬ランキング 2016!!ゴールデンレトリバーもランクインしていますよ!

ic_mini01_star02フランス語で命名する?!犬の名前もおしゃれな時代です!

大型犬を応援してください。
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

ナチュラルドッグフード