ゴールデンレトリバーの魅力

育てやすい 飼いやすい犬ってどんな犬種?

スポンサーリンク

犬を飼っていると、小型犬、中型犬、大型犬関係なく「犬を飼いたい」という方に「どの犬種が育てやすい? 飼いやすい?」と聞かれることがありませんか?

自分はよく尋ねられることがあり、その度にウーーーム。と回答に困ってしまいます。

獣医師の免許を持っているわけでもなく、わんちゃんについて知り尽くしているわけでもない自分に「〇〇の犬種がおすすめだよ」とは言えません。

国内だけでも知り尽くせない数のわんちゃんがいるなか犬種を選ぶことはとても難しいことですよね。

犬を飼いたい

育てやすい犬 飼いやすい犬

今、この記事を読んで下さっている方の中にも「犬が飼いたい」けど、どんなわんちゃんを選べば良いのだろう?と悩んでいる方がいらっしゃると思います。

犬を家族に迎えることは、それまでに経験したことのないような、静かで大きな愛に満ち溢れた生活へと変わります。

わんちゃんが飼い主に捧げる愛情は私たちが生きる中でも特に強いものだと感じています。

まさに、慈悲深いという言葉がぴったりなペットかも知れません。


犬の飼いやすさ、育てやすさというのは飼い主さんの環境、性格、好みによって変わるものだと思います。

だから当然、自分とは全く違う環境にいる方へ「この犬種がいいよ」というお返事はなかなかできないものですね。

子育てが各家庭に違いがあるように、犬の飼育も飼い主さん次第。

ご自分がしっかりとした意思で育てるのならば、どのワンちゃんも育てやすいのではないかと考えられます。


育てやすい犬

育てやすい犬 飼いやすい犬

「育てやすい犬」「飼いやすい犬」などのランキングが発表されていますが、ランキングを見た結果、国内で飼いやすいとしてランキングされているワンちゃんをご紹介しますね。

トイプードル
頭が良く、躾がしやすい、また警察犬として活躍するほどの慎重さと命令に対する反応の良さを持っているとされています。
毛抜けがないとされるホワホワくるりんな柔らかい被毛が魅力ですね。
とても友好的なわんちゃんです。

チワワ
体が小さくて見かけは弱々しいけど、意外にも活発で明るく、好奇心旺盛な一面を持つ反面、気が強く知らない人には吠えることもあリます。
小さいうちから根気よく躾けることが大切です。

柴犬
家族に従順、かつ勇敢さを備えた気質が国内のみならず海外でも人気犬種となっています。(柴犬だけではなく、日本犬愛好家は海外でも多いですよね。)
警戒心が強い一面もあり、知らない人に吠えたり、攻撃的になることがありますが番犬としては最適な役割を担うでしょう。
また、日本の風土には適しているわんちゃんなので、そういった面では「飼いやすい」とも言えますね。

ミニチュアダックス
胴長短足ルックスがご愛嬌の好奇心旺盛なわんちゃんで、狩猟犬特有の忍耐強さを持ち合わせています。
体型からもわかるようにヘルニアになる子が多いため、十分に気をつけたいところです。
体重を増やさないように飼い主さんがしっかり管理してあげなければいけません。

フレンチブルドック
愛嬌たっぷり、人懐こく攻撃性もないわんちゃんでフレンチ愛犬家も多いですね。
クシャッとした表情が大人気です。

ラブラドールレトリバー
パピー時代はやんちゃで手に追えないこともありますが、成長とともに落ち着き、賢くてしつけもしやすい温和な性格の大型犬です。

子供や高齢者との相性も良いわんちゃんで、飼い主や人にとても従順です。

ゴールデンレトリバー
個人的に、ラブラドールよりもややおっとりしたイメージがある犬種です。

同じダブルコートでもラブラドールに比べ被毛が多く。こまめなお手入れが必要です。

賢くてしつけもしやすい温和な性格で、もちろん子供や高齢者との相性も良いわんちゃんで、飼い主や人にとても従順です。

キャバリア
優しく穏やかな性格ですが、遊ぶことが好きで社交的なわんちゃんです。

長く垂れた見がチャームポイントです。

くるくる大きな瞳がとても愛くるしいですね。


育てやすいとはどういうこと?

育てやすい犬 飼いやすい犬

では「育てやすい犬」とはどのような犬なのでしょうか?

小型犬? 中型犬? 大型犬? 和犬? 洋犬?

吠えない犬

噛まない犬

体臭が少ない犬

散歩が短くて良い犬

食費があまりかからない犬

家族と仲良くできる犬

他人とも仲良くできる犬

病気が少ない犬

お留守番できる犬

いうことを聞く犬

従順な犬

このような条件を満たす犬が「育てやすい犬」あるいは「飼いやすい犬」となるのでしょうか?

確かにこの条件を満たしてくれるわんちゃんなら、非常に育てやすく飼いやすい犬であるといえます。

しかし、考えてみてください!!

この条件というのは、人間(飼い主さん)の都合に合った条件ではありませんか?

飼い主が生活しやすい状況に合わせた「理想のワンちゃん像」なのです。

実は「理想のワンちゃん」、つまり「育てやすい犬」にするには全て飼い主さんのしつけにかかっているといえます。

吠えない、噛まない、家族と仲良くできる、他人と仲良くできる、病気が少ない、お留守番できる、いうことを聞く、従順であるというのは子供の教育と同じで、犬への根気良い気長な教育次第なのです。

中で、体臭が少ない、食費があまりかからない、病気が少ないというのは犬種によって違いが出てくるかと思うので、ここは選ぶ必要がありますよね。

体の大きなワンちゃんは小さいワンちゃんに比べると、どうしても食べる量が増えますし、

病気も生まれてきた時の環境や親からの体質を受け継ぐことがあるため、信頼できるペットショップやブリーダーさんを頼るしかありません。

体臭についても犬種によって、臭いやすい犬とそうでない犬がいます。

この辺りは犬図鑑やインターネットでよく下調べをして、理想に近い犬種を選ぶことができると思います。

しかし、それ以外は全てパピー時代からのしつけ(躾)で変わっていくものです。

手をかけ、愛情を注いで接したワンちゃんはきっと育てやすい、飼いやすいワンちゃんに成長するはずです。

人間(赤ちゃん)と同じ、ミックス犬だろうが、血統書付きだろうが、生まれてきた時は皆同じ赤ちゃんなのです。

生まれた時から何でもできる理想のワンちゃんは存在せず、どのように成長するかは全て飼い主(親)の接し方、しつけ方となります。

心から「犬を飼いたい」「わんちゃんと家族になりたい」という願いを持っている方ならきっと飼いやすい、生活しやすいワンちゃんに育てることができると思いますよ。

外見的なこと、世間一般の情報だけに振り回されず、人間の赤ちゃんに接するのと同じように試行錯誤を繰り返し、愛情を注ぎながら真正面に向き合い、教育(訓練)をしてあげれば犬種や大きさに関わらず「育てやすくて、飼いやすい、いい子」に成長してくれます。

犬はとても頭の良い動物で、飼い主のために精一杯の努力をする生き物です。

教育次第では自分たちが考えている以上の能力を発揮してくれるペットだと感じています。

大切な家族の一員として一緒に楽しく丁寧に生活していくことが、飼い主さん家族に最も「飼いやすい、育てやすい犬」に成長することでしょう。

わんちゃんを飼う際の参考にお読みください


犬の購入(入手)方法を知りたい!!
「犬を飼いたい」 でも、どこに運命の出会いがあるのか? どこに行けば、家族となる犬を購入できるのか? また、譲ってもらう方法はあるのか...
ミックス犬 〜 人気の理由や種類 特徴について
チワックス、マルプー、ラブラドゥードル、ポメックス、シープー、コッカプー 愛犬家の皆さんはお察しできる通り、ミックス犬の犬種名です。 愛...
ゴールデンレトリバー パピーの特徴 とはどんな感じなのでしょうか?
犬のポスター、カレンダーなどによく登場するゴールデンレトリバーの赤ちゃんの姿を目にしたことがあると思います。 「赤ちゃん」って犬でも人間で...
ラフコリーとシェルティ 〜 顔かたちがそっくりだけどなにが違うの?!
昨年末頃から、ご近所に犬仲間が増えました。 それもラフコリーとシェルティ・・・ 最近ではあまり見かけなくなったこの二種に出会えて幸せいっ...
もふもふなわんこってどんな犬? 皆さんはどんなイメージを持っていますか?
もふもふなわんこに癒されたい、、と耳にすることが多いのですが "もふもふなわんこ"ってどんな犬なのだろう?と考えてみました 皆さんは考え...

育てやすい 飼いやすい犬ってどんな犬種?を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク