ゴールデンレトリバーの魅力

犬猫 フィラリア予防を絶対に忘れてはいけない|ネクスガードスペクトラに変わりました!

スポンサーリンク

犬のノミ・ダニ・フィラリア予防が本格的な季節になりました。

どれをとっても、わんちゃんの生命に危険を及ぼすもの、、

予防、対策をしっかりと行うことが飼い主である私たちの義務だと思います。

ペットクリニック(動物病院)での、愛犬の「フィラリア検査」は終わりましたか?

犬 フィラリア症

犬 フィラリア

フィラリア症は、蚊を介して犬の心臓や肺動脈に寄生する寄生虫が起こす病気のことです。

[蚊に刺されて感染] 感染した犬の血を吸った蚊が他の犬の血を吸うことで犬フィラリアに感染します。

犬 フィラリア症

[感染犬から正常犬へ] 犬フィラリアが寄生している犬の血液には、小さな犬フィラリアの幼虫がいます。

そして、フィラリアに感染した犬から蚊が血を吸う時に、この幼虫を一緒に吸い込んでしまいます。

その蚊が感染していない犬の血を吸うことによって、身体の中に犬フィラリアの幼虫が入ってしまう・・という仕組みになっているのです。

フィラリア症は犬だけでなく、猫ちゃんもかかる病気です「猫 フィラリア症」

犬フィラリアは成虫になると30cm にもなる糸状の寄生虫で、寄生することで血液の流れが悪くなり、様々な障害が現れます。

「フィラリアの初期症状」を調べる方もいるようですが、初期症状はないと考えた方が良いかも知れません。

咳が発症するようですが、咳が出るということはフィラリアが心臓近くの肺動脈に巻きつき、その負担からの咳なので「初期症状」とは言えないですよね・・。

放置すれば死に至ることもある、わんちゃんにとっては重大な病気。

また、 猫の場合は主に肺に障害を起こしますが、わんちゃんに比べ寄生する虫の数が少ないため診断が難しく

咳、呼吸困難、嘔吐などの症状が出てきた時は生命が危険な状態で、健康にみえても突然死亡することがあります。

今のところ猫の治療法というのは確立されていないため、予防でしっかりと対処することが最善の方法と言えます。

わんちゃんも猫ちゃんも寄生されないことがフィラリアを治す方法になりますね!!

愛犬、愛猫に長生きしてもらうためにも、フィラリア予防はしっかりと行いたいものです。

参考 日中の気温上がっています! 「ノミ・マダニ対策」お済みですか?

ネクスガードスペクトラ

犬 フィラリア予防必須

我が家のゴールデンレトリバーのフィラリア予防。

昨年まではノミ・ダニ・フィラリア予防薬としてパノラミス錠を服用していましたが、

ペットクリニックさんの事情にて、2017年度よりネクスガードスペクトラに変更となりました。

パラノミス錠と違い、ネクスガードスペクトラはチュアブルタイプの予防薬。

犬にとってはおやつを食べるような嬉しさのようです。

チュアブル錠でも、ワンちゃんによっては好みにより食べてくれない子のいるようですが、このネクスガードスペクトラはクリアするわんちゃんが多いようです。

我が家の犬に関しましては、以前服用していたパラノミス錠がかなり癖のある味(匂い)だったので、それに比べると断然飛びつき方が違います。


「おやつ」と勘違いしている様子 ( ̄∇ ̄)

なんせパノラミス錠は「太田胃散」の匂いがしてましたからね・・・。

ネクスガードスペクトラ
主成分:アフォキソラネル・ミルべマイシンオキシム
効能:犬糸状虫の寄生予防・ノミ及びマダニの駆除・回虫(犬回虫、犬小回虫)、鉤虫(犬鉤虫)及び鞭虫(犬鞭虫)の駆除
ノミ駆除までの時間:8時間
マダニ駆除までの時間:48時間
体重制限:1.8kg以上
年齢制限:8週齢~

外遊び・水遊びが大好きなゴールデンレトリバーにとって、フィラリア予防とノミ・ダニの駆除がノミ薬でできる予防薬はとてもありがたいです!

以前服用していた、パラノミス錠がなくなるということで(ペットクリニック内で)どうなることかと心配していましたが、ネクスガードスペクトラの服用は、レトリバー飼いの我が家にはとてもありがたい予防薬です。

「薬」である以上、0%無害ということは考えにくいのですが、獣医師の勧めでもあり

何よりも、恐ろしい病気に愛犬が苦しめられないための対処法と考えれば、服用するに越したことはありませんよね!

フィラリア予防薬の内容について私たちはドクターを信じる他、術はありません。

犬飼いのみなさま、それぞれの専門獣医師を信じて、愛する「わんちゃん」の健康を願いましょう。

専門医による血液検査を行い「陰性」であることを確認して服用してくださいね!

参考までに、、
以前服用していたパラノミス錠については下記をお読みください。


パノラミス錠

先代犬は


2種類を使って、予防をしていました。

8年間、何の異常もなく健康に過ごせましたよ!

チュアブルタイプのフィラリア予防薬はもちろん喜んで服用しておりました。

ゴールデンレトリバーの”C”は、先代とは違う医師にかかることになり予防薬が変わりました。

それがパノラミス錠です!!

f:id:c-major:20160412105449j:plain

パノラミス錠のメリットは、月に一回飲ませるだけでフィラリア予防ができ、ノミ・マダニ予防、消化管内寄生虫(回虫、鉤虫、鞭虫)の駆除までできるものです。

与え方::食事と一緒に与えること。
(我が家では細かく砕いてフードの中に混ぜこんでいます)

飼い主にとっては、とてもありがたいお薬ですね。

また、山遊び、水遊びなどの野外遊びが好きな犬種にとってもありがたいのです。

特に山の草むらなどには蚊が潜んでいることが多いので、フィラリアの危険いっぱい!

遊んだ後、シャンプーしても取れる心配がないので思いっきり遊ばせることができます。

ゴールデン飼いの主治医も、オススメの薬でした。
*注 副作用もあるため獣医師等の処方せん・指示により使用すること。


パノラミス錠がなくなるかも??

副作用もなく、皮膚に塗布することもなく、フィラリア予防として我が家にとってはありがたいパノラミス錠ですが、

かかりつけのペットクリニックでは、パノラミス錠の使用を辞めるかも知れないとのこと。

主治医によると、このフィラリア予防薬は人気がないらしいのです。。。

レトリバー種などの大型犬は、比較的何でもガツガツ食べるため問題もないそうですが、小型犬などは嫌がって薬を受け付けないこともあるらしいです。

事実、このフィラリア予防薬、結構臭いがきついのです・・・。

「おくすり~~~」っていう臭いなんですよね!

さすがの”C”も、怪訝そうに臭ってますよ・笑(太胃酸の臭いがします)

その後、ゆっくりと食べてしまうので問題ありませんが・・・

食いしん坊な我が家のゴールデンレトリバーも、一応怪しむらしく食べるペースがゆっくりになります。

神経質なわんちゃんになると、食べないというのはわからないでもありません。

フィラリア予防であるパノラミス錠を受け付けないわんちゃんには

の従来のお薬を処方するとのこと。

ゴールデン飼いの主治医も残念そうにされていましたが。。。

こればっかりはどうしようもないっっ!!

なので、来年のフィラリア予防薬に関してはまだ未定なのだと言います。

うんうん、仕方ないですよね~。

どんな処方にせよ、、、

わんちゃんが健康でいられるのならOKです。

f:id:c-major:20160412105845p:plain

こんな場所で遊ぶことが大好きなわんちゃんにとって

ノミ・ダニ・フィラリア予防は絶対に欠かせません。

ノミ・ダニ・フィラリア予防だけに限らず

これから、もっともっと良いお薬が開発されて、病気の治し方、対処法がよりよくなること心から願います。

肉球が赤く腫れ上がり舐めたり噛んだり 〜 ゴールデンレトリバーに多いと言われる「指間炎」をご存じですか?
皆様の愛犬は手足の肉球を一心不乱に舐めたり、噛んだりしていませんか? 我が家のゴールデンレトリバーに見られた症状です。 何を言っても、ど...
ホットスポットは 急性湿性皮膚炎 の別名です!!
ホットスポットときいて、何を想像しますか? ホットスポットには色々な意味があり、地学的には地球内部、マントル上部で絶えず高温の物質を上昇さ...
犬の外耳炎 〜 マラセチア菌は私たち人間にも?!
皆さま、愛犬の耳のお手入れはこまめにされていますか? 我が家のゴールデンレトリバーは歯磨きと違い、「耳掃除」は好きなようです。 気持ち良...
老眼は犬にもある 〜 犬の目は人間と同じなの?
私たち飼い主は年齢とともに、目が老化します。 目の酷使、ルテイン減少などによるものですね。 では、わんちゃんたちの目はどうなのでしょうか...
血液検査を行なっていますか?〜 愛犬の高脂血症が判明しました。
みなさん、愛犬の血液検査を定期的に行われていますか? ペットクリニック(動物病院)で血液検査をすると 症状に現れていない病気や体質なども...

■ツイッター(@cmajor220)を始めました。


犬猫 フィラリア予防を絶対に忘れてはいけない|ネクスガードスペクトラに変わりました!を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ゴールデンレトリバーを応援してください!!
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. もあまま より:

    このお薬人気ないんですか 従来のカルドメックやミルベマイシンが多いのですかね お薬の匂いがきついんですね 確かに小型犬だと神経質なわんちゃん多いのでしょうね もあ家はスピノサドが嘔吐誘発成分があって、もあにはダメだろうなとまだあげた事ないんです もあにはミルベでポメにはカルドです 今年は蚊の時期が早そうですね 例年6月~12月の7か月でしたが、今年は5月からにしましょ^^

  2. c-major より:

    >もあままさん
    はい、あまり人気ないようです
    先生がはっきりおっしゃっていました(汗)
    確かに臭いがきついので、、、嫌がる子も多いのかな~と思います
    来年はどうなるんだろ??
    我が家は、4~12月分までのお薬がでているので、もう飲み始めました!!