【ゴールデンレトリバーは飼いやすい】でも、おすすめできない人!!

スポンサーリンク
【ゴールデンレトリバーは飼いやすい】でも、おすすめできない人!!

ゴールデンレトリバーは飼いやすい?と聞かれたら、迷わず「飼いやすく育てやすい」と答えます。

飼いやすさ云々ではなく、家族そのものとなってくれる犬種です。

飼い主として、人として、愛犬に教わることが多いのも事実。

家族として迎え入れるには最高におすすめですが、ゴールデンレトリバーをおすすめできない人もいます。

今回は、そんなお話をさせていただきます。

ゴールデンレトリバーは飼いやすい

ゴールデンレトリバーは、とっても飼いやすいわんちゃんです。

どんなところが飼いやすいのか?について、ゴールデン飼いがご説明いたします。

【ゴールデンレトリバーは飼いやすい】でも、おすすめできない人!!

性格が明るい

ゴールデンレトリバーは、人が大好き、動物も大好き、遊びが大好き、賑やか大好きな明るい犬種です。

何にでも興味を示す好奇心旺盛な犬、、子供と同じですね!

何事にもポジティブでエネルギッシュなので、飼い主がそれに引きずられ、家庭が明るく賑やかです。

とても穏やか

とにかく性格の良い犬種です。

愛犬は我が家に来て、怒った姿を一度もみたことがありません。

(叱られて怖がっている姿はみたことあるけど・・)

他のわんちゃんとも仲良くできるし、嫌なことされても、ただただ我慢しています。

怒ったらいけない!と思っているのかなーと心配になる程、心穏やかな犬です。

理解力がある

遊ことが大好きですが、オンオフの切り替えは上手です。

家族や周囲の状況を犬なりに理解し、それに合わせて行動することができる犬です。

それゆえ、我慢することもできるのでかわいそうな面もあります。

わがままは言いませんし、後追いや無駄吠えもないため「ごめんね〜」とかわいそうになることしばしば・・。

(無駄吠えについては、環境によって異なりますこと、ご了承ください。)

さみしんぼう

ゴールデンレトリバーはとても明るい性格ですが、とても寂しがりやです。

家族が大好きですから、一人でいる時間がとても辛いのです。

飼い主が大好きで、寂しがりやの甘えん坊は、犬好き、犬飼いにとって最大の魅力です。

いつも一緒にいてあげたいと思ってしまうんですよね。

一緒に行動できる

性格が明るい、理解力がある、そして体が大きいこともあり、車に乗って遠くまで出かけることが可能です。

場合によっては、キャンプしたり、車中泊旅行することも可能です。

家族の一員として扱える

ゴールデンレトリバーは成犬になれば30kg前後の大型犬。

家の中でも、その存在感はかなりのものです。

教えれば、お手伝いもできるし(犬なりに・・)、一緒に遊べるし、一緒に食べれるし、一緒に寝ることもできます。

一人で寂しい時には、お話もしっかりと聞いてくれます。

個人的には「ペット」ではなく、「家族」として飼う犬だと思っています。

家族と考えているので「飼う」という響きはあまり好きではないのですが、人間と一緒に暮らすことで魅力が最大限に引き出せる犬ではないでしょうか?

ゴールデンレトリバーの飼いやすさはまだまだ他にもたくさんありますが、わかりやすき説明すれば上記のような感じとなります。(暮らす環境によって異なる面もあること、ご理解ください。)

何事もそうですが、実際に自分で経験してわかることもありますしね!

こちらの記事も参考にしてください!!

ゴールデンレトリバー、アメリカでは常に人気犬種ランキング上位を占める犬種です。 もちろん、日本でも「かわいい」「飼ってみたい」と考えていらっしゃる...
人も様々なように、わんちゃんも犬種によって性格が様々です。 ゴールデンレトリバーの性格はみなさんが想像されている通りだと考えます。 体は大きいけ...

ゴールデンレトリバー飼いをおすすめできない人

【ゴールデンレトリバーは飼いやすい】でも、おすすめできない人!!

外出が多い人

仕事、学校などで、家族全員が外出しなければならない場合、わんちゃんの留守番時間が長くなりがち。

寂しがりや、甘えん坊な性格のゴールデンレトリバーは一人でいるのが得意ではありません。

寂しさが強ければ強いほど、性格に影響が出たり、病気を患ったりといったトラブルを発生すると考えられます。

パートなど短時間の留守番は仕方ないとしても、ほぼ一日留守番状態となる場合にはお勧めできません。

>> 主婦(ペット飼い)でもパートはできる?最短で働く方法!

気が短い人

頭が良い、理解力があるとはいえ、ゴールデンレトリバーも子犬の頃からそうではありません。

人間と同じように、気長に教えて待つことが必要です。

繰り返し、繰り返し教えながら成長していくのです。(人間と同じです。)

「どうして何度言ってもわからないの〜?!」

「いつになったらできるの〜?!」

と、恐怖感を与えることがないよう育てていかなければいけないので、気が短い人にはオススメできません。

飽きっぽい人

上記内容につながりますが、飼い主と一緒に暮らすためのルールを根気よく教えていかなければいけません。

(これはゴールデンレトリバーに限りません。)

また大型犬なので、毎日朝夕2回の散歩や外遊びも大切です。

今日は疲れているから・・

今日は雨が降っているから・・

今日は暑いから・・、寒いから・・

躾も散歩も、人間の都合で辞めることはできません。

飽きっぽいから続きそうにないわ〜という人には、おすすめできません。

潔癖すぎる人

犬と一緒に暮らすということは、多少なりとも部屋が散らかったり、汚れたりしますよね。

その上、ゴールデンレトリバーは、毛抜けが多い犬種で有名です。

部屋中、毛が舞うことだって少なくありません。

  • 部屋を汚したくない人
  • 床や家具などを傷つけたくない人
  • 洋服に毛がつくのが嫌な人

この投稿をInstagramで見る

ビーママ(@bbb.love)がシェアした投稿

↑このようなことになります。

きれい好きすぎる人や潔癖な人にはお勧めできません。

家族として愛せない人

繰り返しになりますが、ゴールデンレトリバーは飼い主が大好きです。

無条件に愛してくれます。

「犬は犬」

「犬は人間以下」

実際そうであっても、そのような感情が存在する場合、わんちゃんの一生(犬生)が台無しになってしまいます。

ウィキペディアにも以下のように記載されてります。

ゴールデン・レトリーバーは「人間と共に仕事をする」ことを目的として作出された犬種であるため、次のような特性がある。

  • 戸外に繋ぐことや独居させること・餌及び水やりに関して無頓着になることを嫌う。
  • 仲間として認められることや散歩に連れ出されることが大好き。
  • 主人が願っていることを察知し、常時主人に気に入られようと努力する。
  • 家族と一緒に行動できることを喜びとし、孤独を嫌う。

wiki

ゴールデンレトリバーを家族として愛せない人にはオススメできません。

【ゴールデンレトリバーは飼いやすい】でも、おすすめできない人!!について、お伝えさせていただきました。

ゴールデンレトリバーに限らず、人間の身勝手で捨てられてしまったわんちゃんたちの愛護活動や里親募集のニュースが後を立ちません。

子犬を迎える前に、一人一人がわんちゃんの飼い方や特徴を調べたり、将来の生活をシュミレーションすることで、悲しい思いをするわんちゃんが一匹でも少なくなることを心から願っています。

生まれてきた小さな命が、幸せにその一生を終えることを祈ります。

ブログ村・わんころでい
わんころでいを応援してください!!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする