エアコン必須〜 湿度に弱いわんちゃんの快適目安は?電気代はどのくらい?

スポンサーリンク
エアコン必須〜 湿度に弱いわんちゃんの快適目安は?電気代はどのくらい?

夏場、わんちゃん飼いの家庭ではエアコン必須です。

夏〜というより、湿度の高い梅雨時期からの使用になりますよね。

扇風機ではダメなの?

わんちゃんに快適な温度はどのくらいなの?

電気代も気になる・・・?!

犬にはエアコン必須

環境対策への取り組みとして、人間界では「クールビズ(COOL BIZ )」という取り組みが行われていますね。

温室効果のガス削減のために、冷房時の室温を28℃に設定しようというもの。

平均湿度60~70%日本。

夏場の東京では、気温40度以上、湿度75%超えなんて日も?!

正直、室温28度では人間でも暑い・・?!

ましてや、平均体温が38度〜39度あるとされるワンちゃんには、ハァ〜ハァ〜ものですよね。

環境対策を考えたとしても、人間とわんちゃんの室温を同じに考えることは、どーうしてもできません。

それぞれのわんちゃんのご先祖様を見ればわかるように、日本の気候に馴染むように生まれてきていないからです。(日本犬は別ですが・・)

高温多湿で元気いっぱいに外出暮らせるわんちゃんは少ないはずです。

暑さが特に苦手とされるわんちゃん

  • ゴールデンレトリバー・ラブラドールレトリバー (大型犬は肺が大きいので熱がこもりやすい)
  • フレンチブル・パグ・ペキニーズ(体温調節が苦手)
  • ミニチュアダックス・コーギー(輻射熱の影響を受けやすい)
  • ハスキー・サモエド(寒い地方に合わせた体機能を持っている)

もちろん、これらの犬種以外のわんちゃんもそうです。

考えてみてください。

犬の全身は被毛で覆われています。

私たちが毛皮を着て暮らしているようなもの、暑くないはずがありません。

それぞれの年齢、体質、体調によっても暑さによる熱中症などのリスクが高いわんちゃんもたくさんいます。

高温多湿の日本で「犬を飼う」ということは、エアコンは必須なんですよね。

近年の高温化により、熱中症を発症するわんちゃんがとても多くなっています。

ちなみに、2019年人気ランキング1位に選ばれていたのはこちらのエアコンでした。

もちろん除湿はしっかりしてくれますが、冷房でもソフトな「冷房除湿モード」が搭載されています。

ペットと暮らす飼い主にも心地よいですよね。


参考【ペット飼いの夏】24時間エアコンだけど電気代が安くなる方法はある?

湿度にも弱いわんちゃん

気温が低く涼しければ、多少湿度があっても良いのでは?

そう考える方もいらっしゃるでしょう。

繰り返しますが、わんちゃんは全身が被毛で覆われているため、熱がこもるため体温が上がってしまいます。

そのため、「ハッ、ハッ、ハッ」とパンティングをして体温を逃しているんですよね。

しかし、湿度が高ければ唾液が蒸発できず、体温を下げることができなくなり、熱中症などの症状が現れてしまいます。

今年も(2020年)、すでに熱中症で倒れたというフレブルのお友達わんちゃんがいます。

こちらは、2018年にアニコム損害保険株式会社調べによるもの。

エアコン必須〜 湿度に弱いわんちゃんの快適目安は?電気代はどのくらい?
↑クリックで拡大

鼻ペチャな犬種(短頭種)は、身体の構造的にもともと呼吸がスムーズにしにくいことから、熱中症にかかりやすいといえる犬種で、充分な対策が必要です。

また、湿度が高いことでカビや雑菌が発生しやすくなるので、熱中症だけではなく、皮膚の健康状態にも影響があります。

外耳炎、皮膚炎などが発症しやすくなりますね。

わんちゃんの快適温度や湿度

室温:26℃前後

湿度:50~60%

とされています。(あくまでも目安です)

  • パンティングがおさまらない
  • 水をたくさん飲む
  • 動きが緩くなる
  • 食欲がない

こんな状態であれば、温度、湿度を調節されてください。

わんちゃんの様子を見ながら調節するといった感じです。

我が家の愛犬は、もう少し下げないとダメなようです。

快適なのは24~25℃くらい!!

人間よりも2~3℃体温が高い上に、被毛に覆われているので、わんちゃんに合わせるなら人間が肌寒いくらいが快適目安となるのではないでしょうか?

私はカーディガンを羽織っています。

これも、わんちゃんの体の大きさ、体質、身体的な特徴で異なります。

夏の電気代はどのくらい?

これについては、犬飼いさんが気になるところですよね。

部屋の大きさ、温度設定、エアコン本体、電力会社によっても異なると思いますので、犬飼いさんの夏場の電気代をネットで調べてみました。

24時間利用 約29000円
24時間利用 約22000円 22~24℃設定/20畳のリビング
24時間利用 約15000円 26℃設定
24時間利用 約13000円 27~28℃設定/12畳のリビング
24時間利用 約3000円 28℃設定/太陽光利用

5件調べて、5件とも夏場の絵アンコンは24時間利用でした。

電気代については、利用環境でまちまちなことがわかると思います。

平均は16.400円でした。

>> 電気代節約については、こちらの記事も読んでみてください!!

我が家は、太陽光を使用しているためオール電化な生活となっています。

リビングは24時間エアコン利用、晴れた日の昼間は電気代がかからないため、ほぼ夜間の電力代になっていると思います。

夏の電気代をまとめると、環境によって差があるため「10.000円〜20.000円」といったところでしょうか?

まとめ

夏のわんちゃんにエアコンが必須な理由、快適温度や湿度、電気代について調べまとめてみました。

わんちゃんにも、飼い主さんにとっても一番優先すべきことは「健康」です。

エアコンを我慢した挙句、病気で入院するようなことがあれば、そのほうがよりリスクが高いと言えるでしょう。

状況を見ながら、エアコンの温度調節をして、わんちゃんたちが元気に夏を乗り切ることができるよう願っています。

ブログ村・わんころでい
わんころでいを応援してください!!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする