犬の医療費は高い?ゴールデンレトリバーの相場は?

スポンサーリンク
犬の医療費は高い?ゴールデンレトリバーの相場は?

犬も人間と同じように、病気をしたり怪我をしたり、持病を抱えていたりします。

わんちゃんを飼うにあたり、犬の医療費が気になる方は多いのではないかと想像します。

私たちのように社会保険、国民健康保険というようなシステムがありませんので、ペット医療に関しては基本的に全額支払いとなりますよね・・・。

犬の医療費は高い?

どのくらいのお値段が「高い」「低い」なのかは個人差あると思いますが、我が家の経済状況で考えると、正直安くはありません。

しかし、篦棒に高いか?と言えば、そうでもなく良心的な料金で診断していただいているのではないか?と思います。

診察費は、動物病院に寄っても違いがあります。

同じ薬をいただくのに「〇〇動物病院より、〇〇ペットクリニックの方が安い」ということは多々あります。

フィラリアや予防接種など、毎年決まった薬や注射に関しては、医療費の安い病院を選んで行かれる方もいらっしゃいます。

診療的に問題が生じることではないので、個人的にはありかな?と考えます。

「薬が高いから」

「予防接種料が高いから」

と放置するよりは、医療費が安い病院を探して行かれる方がわんちゃんは健康を保つことができますよね。

飼い主さんがそれを怠ったばかりに痛い思いをしたり、苦しい思いをするわんちゃんを見るのは胸をえぐられる気持ちです。

(そんなわんちゃんが近所にいたんです。昨年亡くなりました。)

ペットを飼っている以上、高くても安くても確実に医療費はかかります。

家族に迎え入れる際は、医療にかかる費用のことも当然考えておかなくてはいけませんよね。

年間にかかる犬の医療費

2019年、アニコム損保のペット保険契約者5,000名以上から得られた回答をもとに1年間にペットにかけた年間支出費を公表されています。

犬の医療費は高い?ゴールデンレトリバーの相場は?
↑クリックすると拡大します。

この調査によりますと、わんちゃんの医療費年平均額が44.869円となっていますね。

月平均にすると、3.739円ですがあくまでも数字のみの平均額です。

例えば、一月に2~3回病院通いになるかも知れませんし、手術などの治療が必要になれば、それ以上の費用が必要となります。

また、以下の表を見ていただけるとわかりますが、小型犬、中型犬、大型犬とかかる費用も高くなっています。

犬の医療費は高い?ゴールデンレトリバーの相場は?

人間と同じで、薬の量が体重に比例することもあり、同じ病気でも大型犬の方が医療費が高くなってしまうんですよね。

フィラリアなどの予防薬についても、やはり大型犬は高めのお値段となります。

持病があれば医療費が必要

上記の医療費は、おそらく健康なわんちゃんの平均額ではないか?と想像します。

わんちゃんが持病などを抱えている場合、病院にいく回数も増えますし、薬を服用すればお薬代も定期的に必要となります。

我が家のゴールデンレトリバーの場合、マラセチア皮膚炎を発症していますので、炎症が起きると受診しています。

一度、受信すれば再診料、注射、薬と2~3万かかることもしばしば。

アレルギー性の症状はいつ炎症を起こすか不明なので、思わぬ時に思わぬ出費が嵩むことも多いですね。

このように、重症ではなくても持病があればたびたび医療費が嵩むことは確かです。

ゴールデンレトリバーの医療費相場は?

人間の病気を考えてみてください!

アレルギー疾患を持っている人

風邪をひきやすい人

虫歯になりやすい人

生まれつきの持病を抱えている人

スポーツで体を傷めやすい人

かかる医療費は、人それぞれ異なりますよね。

わんちゃんも同じです。

犬種によってということよりも、その子の持っている体質によって医療費が異なります。

ですから、相場はないと考えた方が良いかも知れません。

しかし、年間に最低限必要な医療費は事前に知ることができます。

・フィラリア検査

・フィラリア予防薬

・ノミ・ダニ駆除薬

・混合ワクチン

この費用だけは、わんちゃんが健康を保つために最低限必要な医療です。

我が家のゴールデンレトリバーの場合、44.320円となっています。

この44.320円が、一年間に必ず必要な医療費用です。

犬の医療費は高い?ゴールデンレトリバーの相場は? 犬の医療費は高い?ゴールデンレトリバーの相場は?

この部分は、動物病院に寄って多少異なるようですので、事前に調べてみると良いですね。

他、明細をみていただければわかる通り、この日はマラセチア皮膚炎(皮膚の炎症)を発症した際にかかった治療費が12.340円でした。

一回の診察治療費がこのくらいかかります。

通院が必要になるば、毎回、万単位の治療費が消えていきます。

正直、犬の医療費は安くはないと思います。

しかし、保険が効きませんし、ペット医療に従事するドクターやスタッフのことを考えると当然の金額だと考えます。

犬に限らず、ペットを飼う以上は医療費も覚悟しておかなければいけないですね。

医療費を心配される方は、ペット保険の加入もおすすめです!

検討されてみてはいかがでしょうか?

わんちゃんと飼い主さんが健康で幸せに暮らすために、病気や怪我への備えは万全にしておきたいと願うものです。 わんちゃんを家族として迎えると「ペット保...

犬・猫飼いの皆さんは、ジュイクルをご存じでしょうか? 「ジュイクル=獣医来る?!」 様々な事情でペットクリニックで受診が難しい飼い主さんやペット...

まとめ 犬の治療費は高い?ゴールデンレトリバーの相場は?

お金に対する価値観は人それぞれですが、犬の医療費は決して安いものではないと考えます。

毎回の治療に「ハァーーー」とため息が出るのは事実です。

しかし、愛犬の健康と命を守ためには必要な費用なんですよね。

ゴールデンレトリバーの一年に最低限必要な治療費は50.000円程度です。

でも、あくまでも健康な状態でこの金額ですので、怪我や病気をすれば、それ以上の金額になることは間違いありません。

不安な飼い主さんは、もしもの時に備え、ペット保険に加入されることをおすすめいたします。

ただし、予防接種や予防薬は、保険の対象外となることが多いので、加入の際にご確認ください。

ブログ村・わんころでい
わんころでいを応援してください!!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする